スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“さようなら、マウイさん”

この「ビスターリ・ビスターリ」のブログに投稿するのも3年ぶりくらいになります。

少しずつですが家族も立ち直りつつあるので、このブログでマウイの最期の様子を書いていこうと思います。
と言うのもワンコのお友達の中に同じ症状の子がいるので、何かのお役に立てればと思ったことと、最期が
どんなだったか知りたいと言ってくださったお友達もいたので書くことにしました。

今年に入ってからマウイが食事を取ったり取らなかったりと言う状態が続きました。年齢的にも11歳(人間
で言えば85歳前後でしょうか)なので、加齢に伴うことと心配していませんでした。2月中旬になって痩せて
きたのが分かるほどになり、3月に入ると下痢が止まらなくなったのでお医者に連れて行きました。そこで
先生に言われたことは、顔の肉が落ちて骨が出てきており、これに加え腹水で腹部がパンパンに腫れてし
まっている。この症状は内臓に悪性腫瘍ができている可能性が極めて高いとの事でした。この状態では詳
しく調べることも時既に遅しの状況なので、残りの時間を安らかに過ごさせてあげたほうが良いと言う結論
でした。ここでステロイド剤を投与されました。一時的にステロイドが効いて元気が出ることがありますとも
言われました。その言葉通りここから数日間ではありましたが、マウイは元気を取り戻し最後に少し元気な
姿を見せてくれました。ここで先生に「診察した限り痛みは無くこのまま身体がだるい状態が続くと思う」と
言われました。これが唯一の救いになりました。
お医者に見せたのが3月7日、最後の散歩とお外遊びが3月13日でした。そして、3月19日に立って歩い
たのを最後に寝たきりになってしまい3月24日の午前8時24分に永眠いたしました。
最後の3日間は腹水が内臓と肺を圧迫していたために、呼吸はかなりきつそうでした。

妻に聞いた最期の瞬間の話です。
3月24日は朝方曇っており、午前8時くらいから青空が広がり始めました。マウイはその青空をじっと見据
えたらしいのです。きっと行くべき所が分かっていたのでしょう、首を大きく反らして別の窓から再び青空を
見たそうです。そして、後ろ足がピーンと伸びた後一度意識を失いました。意識が戻った時、既にそんな力
が残っていないにも関わらず首をもたげて何かを探していたらしいのです。妻が思うに仕事でいなかった私
を探していたのではないかと、そして眠りにつく瞬間、妻が最期に「マウイ、今までありがとう」と言うと、口
を2度ほどパクパクしうなずいて逝ったそうです。
私はマウイの死に際には会えませんでした。しかし、前日の夜マウイにお休みを言いに行ったら目に涙を
いっぱいためて私を見ていました。これが今生の別れだったと、いまになるとそう思えます。
マウイは亡くなるまでいっしょにいられる時間が数日ありました。中にはワンちゃんが突然亡くなってしまう
こともあるので、それを考えるとこの数日間はとてもとても幸せなひと時であったと思えるのです。
神様がくれた数日間でした。

今まで放置していたブログでしたが、少しずついろいろな事を書いていこうと思っています。今日は長文を
読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト

“積極的に前を向いて”

インターネットを見ていたら、こんなことわざを見つけました。

「五十にして四十九年の非を知る」

意味は、五十歳を前に四十九年間生きてきた過去を顧みて反省

をする、と言うらしいのです。

今まで生きてきた自分への反省、それを踏まえてこれからの人生

をどう生きていくかを考える。

まさに、人生を考える位置に今立っていると言えます。

しかし、老け込むなどとは考えていません。

あくまでも、積極的に前に進むつもりです。

でも、いい言葉を見つけました。

“お友達のお店がオープンしました。”

6月30日にお友達(みかんママさん)がパン屋さんをオープンしました。

お店の名前は Weggli(ヴェグリ) と言います。


weggli.jpg


実はこのお友達、マウイが出産した時、キィウィを取り上げてくれた

お産婆さんなのです。

2006年10月15日の朝4時からマウイの陣痛が始まったので、みかんママ

さんもその時から付き合ってくれました。今でも忘れません。我が家に

とっては特別なお友達なのです。

その後、松本市内のパン屋さんに勤めてパンの製造を習っていました。

性格が凝り性と言うか、はまったら脇目も振らずに突き進む猪突猛進型

の性格なのかは分かりませんが、あれよあれよと言う間にお店をオープン

してしまいました。


オープン初日に行きましたが、あっという間に完売したそうで、パンは

買えませんでした。(笑)


このパン屋さんの特徴は天然酵母を使っているのですが、天然酵母特有

のあの酸味はありません。とても美味しいパンです。

ぜひ、皆さんお越しくださいね。



みかんママさん、忙しいから身体に気をつけて長く続けてくださいね。



Weggli(ヴェグリ)の場所です。



大きな地図で見る

“ゴミの日の不思議”

5月30日はゴミの日だそうで、ちょっと不思議に思った事を書きます。

昨今、ゴミを減らすために「リサイクル」「詰め替え」などの言葉

をよく耳にします。

洗剤にしても、シャンプーにしても、最近は詰め替えが当たり前で

よくよく考えてみれば、外側がハードでしっかりとした物があれば

中身が液体だろと粉末であろうと詰め替えは何の問題もありません。

私が不思議に思った事は、人が一日の中で必ず使うもので詰め替え

になっていない商品があります。


そう,それは


「ティッシュペーパー」です。


ティッシュペーパーは、必ず厚手の外箱に入って5箱くらいで売られ

います。ティッシュペーパーをさらにBOXに入れている人もおられ

るでしょう。ならば、最初から専用のBOX(厚手の外箱の代わりに)

をひとつだけ売って、あとは中身のティッシュのみの詰め替え販売に

すれば、資源の無駄もなくなると思います。

中身のティッシュだけであれば、圧縮することもできるでしょうから

発送の量も増やせて運送コストが下がると思います。


なぜ製紙会社はやらないのでしょうか?

私にも分かりません。とても不思議です。



今日は、以上です。

“虫を食べましょう!?”

国連食糧農業機関(FAO)が、昆虫を食べることを推奨する報告書を発表

しました。

ニュースによると、牛肉と同じ量のたんぱく質が昆虫から取れ、牛一頭の

四分の一で育てる事が可能とか。なんでも、将来の食糧危機に備えるため

に、昆虫を食べることを推奨したみたいです。


と言うことは・・・・・はい、長野県民の出番になりますね~(笑)

私も小さい頃からいろいろな昆虫を食べさせられました。

イナゴは当たり前、ザザ虫(諏訪・伊那地方で食べられる川虫の一種です)、

蜂の子、蚕の幼虫(繭を取った後の虫です)まで、全て食べる事ができま

す。いやが応にも食卓に用意されるので、食べざるを得ません。

結構、鍛えられたと思います。(笑)

イナゴは、日本手ぬぐいで作った袋を作ってもらい、稲の間を歩き回って

取りました。

一番の思いでは、6歳くらいのとき、蜂の子を近所のガキどもと取りに行

きました。足長蜂の巣を叩き落して中の幼虫を取ろうとした時です、蜂に

逆襲されてしまい、胸を10箇所以上刺されました。さすがにその時は医者

が往診で来てくれ、注射を打たれた記憶があります。

アナフィラシキーショックが心配ですが、その後蜂には刺されていません。

当時は生の蜂の子を食べるために無茶をしていました。


まぁ、大抵こんな話をすると、長野県民は野蛮だとか、信じられな~いとか、

言われます。もっと酷いのは、同じ長野県民から「お前といっしょにしない

でくれ」と言われます。

でも、こんなニュースが配信されると、長野県民は時代の先端を行っている

なぁ~と自慢したくなります。

食糧危機の時代が来るかもしれません。皆さんも今から昆虫を食べる習慣を

つけたほうがよろしいかもしれませんよ。

あっ、ちなみに食糧危機が起こるであろう年代は2050年だそうです。

う~ん、それまで生きてないな。

以上
プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。