スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“非核三原則について、地上波が語らない事”

最近ですが、2000年にアメリカの公文書から日本と密約があったと言われる物がでたり、元外務次官が「核搭載の軍艦を黙認した」と証言したり、それが代々外務大臣などに口伝されてきた等と言う内容でありました。

皆さんもご存知と思われますが、非核三原則は 「作らず、持たず、持ち込ませず」 と言う内容が国是として言われてきました。
アメリカの核の傘で守られていると言うことで、ある程度「持ち込んでいるかな」くらいの感覚はあったのでしょうが、上記の通りいろいろな文書・証言が出てくると「やっぱり」と言う思いしかありません。
この事実を一生懸命取り繕っていた当時の河村官房長官の姿がありましたが、やはり国民に嘘をつくとか、誤った情報を伝えるのではいけないと思います。
この点、鳩山内閣は「解明する」と言っているので期待しています。
本日はそれとは若干違う目線から非核三原則の事について書きたいと思います。

まず、今現在核は持ち込まれているか?或いは今後持ち込まれる可能性があるか?と言う事について書きたいと思います。
私がこの話題について書こうと思ったのは、この前もここで書いた「愛川欽也のパックインジャーナル」の出演者でジャーナリストの田岡俊次さんが話した内容に興味を持ったからです。そして、この話題をテレビの地上波で取り上げたメディアがなかった事もあります。

1、18年前から核の持ち込みは無い。
パパブッシュが大統領だったとき、戦艦への核の配備が廃止されました。これには理由があります。戦艦に持ち込むにはそれ相応の警備が必要で、警備の人員、度重なる非常時を想定した訓練、これらに莫大な予算が必要だった為に戦艦への核配備廃止されました。又、技術面でミサイルの能力が相当あがったので、潜水艦への配備だけで、充分になった為です。

2、今後持ち込まれる可能性があるのか?
これも無いとは言えないでしょう。しかし、上に書いたとおりそれ相応の警備が必要になってきます。又、18年前に訓練していた兵士達は既に階級も上がり、或いは除隊になっている者も多く、この警備・訓練体制を構築するにはさらに莫大な予算が必要になります。
アメリカ自身も「核のコントロール」が煩雑になる為、核を搭載した戦艦をさまざまな地域に展開することは今後無いと言えるでしょう。

3、現状はと言うと核を搭載した戦艦はありません。潜水艦だけです。しかも、田岡氏曰く14隻が展開中です。このうち8隻が太平洋上、6隻がアラスカ沖(アメリカの領海内なので安心なのだそうです)に展開しているとの事です。早い話、ここから大陸弾道弾ミサイルを発射できる技術があるので、どこか他の海域に展開しなくとも良いと言うことです。
つまり、非核三原則のうち 「持ち込ませず」 はアメリカは大賛成してくれる項目のはずです。

次に「作らず」です。
まず、日本の技術があってプルトニウムかウランがあれば簡単にできてしまうでしょう。現在、プルトニウムとウランは原子力発電所の為に日本国内にあります。皆さんご存知かどうか分かりませんが、IAEA(国際原子力機関)の査察が一番多いのが日本になります。つまり、日本はかなりマークされていると言う事です。このプルトニウムやウランを別の目的で使用した場合、世界から「総スカン」をくらい原子力発電は停止します。現在、30%程度を原子力発電にたよっていますから、日本経済も通常の生活もおぼつかなくなると思います。

もう一つ「持たず」です。
これは上の「作らず」と同様に世界との協調性を考えれば「持てない」と言ったほうが正解でしょう。しかし、いろいろな議論があることは事実です。
私は世界で唯一の被爆国である日本が核戦力を持つ事に反対です。その威力とその残虐性を一番よく知っている国が反対しないことには意味がありません。オバマ構想の核廃絶と言う流れの中でも日本はイニシアチブをとればいいと思います。
一つの方法として、NTP:核拡散防止条約とまったく反対の組織を日本が中心となって立ち上げて、核を持っていない国同士で非核化を進めていく。具体的に何ができるかは考えていませんが、こういった団体があっても良いと思っています。

長々書きましたが、上記の1~3はあまり地上波テレビで出てきていません。こういう内容を私達は聞きたいし知りたいと思うのですが、メディアの考えが変わらない限り無理でしょう。

本日は以上です。
スポンサーサイト

“大変申し訳ありませんが”

先に誤ってしまいますが・・・・・・・政治ネタです。

何を書きたいかと言うと、自民党の首班指名選挙の事です。
皆さんは首班指名選挙と言うと「自由民主党の党首を選ぶ選挙」と思われている方が多いかもしれませんがそうではありません。本当は、「内閣総理大臣指名選挙」で国会において内閣総理大臣を選出する選挙なのです。
よって、テレビで言われているように「議会制民主主義において首班指名選挙で白紙投票するのは職務放棄である」と言われる所以もここにあります。

自民党がここまで負けた原因で戦犯の麻生太郎に投票するわけにはいかない。(しかも、党首を辞任する事を名言している)
しかし、他の人を選出している時間も無い。
それじゃぁ白紙で投票するか。
いやいや、それは言語道断。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
と言うのがここ数日の流れになっています。

ここ最近のテレビで政治評論家の三宅久之氏がこの様に言っています。

「民主党は308議席、自民党は119議席、これだけ自民党は国民から否認されたのに、解党的出直しをする覚悟も見えない。次の首班指名選挙で白紙投票するなんて言語道断。議会制民主主義に唾を吐くような行為はやめなさい。次の総理大臣は鳩山由紀夫が総理大臣に指名されることは間違いない。だったら、自民党の議員も “鳩山由紀夫” と書いて投票すれば良い。エールを送る気で投票しなさい。過去にも前例があるのだから。
その代わり、ちゃんと民主党政権のチェックはするぞ。そして次には自民党が政権を奪還するぞ。っとそのくらいの気概をもちなさい。」

(過去にも前例があると言うのは、1947年、当時の日本社会党が第一党になり党首の片山哲が首班指名されたときの事である。この時、日本社会党143議席に対し首班指名選挙の投票は420票だった。)

三宅さんは時に過激なことを言うし、田嶋陽子さんに対してはキツイと思う時もあります。
しかし、今回は良い事を言うなぁ~と思いました。
三宅さんは上にある内容を言った後、こう付け加えています。
「政治にもロマンが必要だ。選挙では敵味方で戦ったかもしれないが、戦いが終わればエールを贈りあってもいいじゃないか。ラグビーだって笛が吹かれたらノーサイドで敵も味方もなく称えあうじゃないか。」

残念な事に、これに賛同する自民党の議員はひとりもいませんでした。

今月の頭にもこのブログで書きましたが、国会議員の一挙手一投足はテレビで放映されています。子供達だって見ています。国会議員は少なくとも自身が手本となるような態度を見せないといけないのではないでしょうか?
全力で戦って勝っても負けても敵味方称えあうそんな態度を国会議員が見せなくてどうするんでしょう。三宅さんが「ロマン」と言った「粋な心意気」を私達は国会と言う場で見たいと思います。
特に、この国の行く末が危ぶまれている危機的な状況の中で、敵味方・党派は違えどいい国にしていこうという、そんな態度を国民は見たいし、期待しているのだと思えてなりません。

明日、民主党政権が発足するでしょう。国民が納得するそんな政治を期待します。国民も少し長い目で見ていきますから。

以上

“民主党大勝のその後”

ずっと政治ネタで申し訳ないのですが、今はこのネタくらいしか書きたい事がないのでお許しください。

私の好きな番組にスカパーの “愛川欽也のパックインジャーナル” と言う番組があります。ある程度お歳のいっている方ならお気付きかも知れませんが、昔 “愛川欽也のパックインミュージック” と言う人気番組がありました。この題をもじって付けられた政治討論番組です。

巷では「左よりの番組」と言われているみたいです。確かに、番組が始まってから一貫して民主党寄りの発言が多いのは事実ですが、私が思うに “健全な与党批判の番組” と解釈しています。つまり、今度民主党が何かやらかせば、この番組で批判の対象となるのです。

前置きが長かったですが、今日は民主党が歴史的な大勝をした直後の一回目の放送だったので楽しみにしていました。

今日は、民主党衆議院議員で最高顧問の藤井さんが電話で番組に出ていました。私は、民主党の中で一番信頼できる(或いは好感が持てる)人は、この藤井さんであるといつも思っていました。
藤井さんという人は、元大蔵官僚で過去に大蔵大臣も務めた事のある人です。

電話では組閣中の鳩山内閣の人選についての話でしたが、ここで興味のある発言をしていました。
「財務或いは金融担当大臣は、マクロ経済が分かる人がここにあたればいい。民間人の中から登用することも視野に入れている」
これを聞いた途端頭に出てきた人物がいます。

“榊原 英資”

2003年の総選挙の際も、民主党の「財務大臣」として名前があがっています。
元大蔵省財務官。1995年にアメリカと協調した為替介入政策で円高を是正した事から、“ミスター円” の愛称が付けられた人です。

この人も私が好きな(珍しく官僚出身者ですが)政治学者の一人です。藤井さんも榊原さんもどちらかと言うと人柄とか人物が好きで(政策にも鋭いところがあります)注目していました。
榊原さんは、昭和52年に官僚批判・自民党批判の論文を出した為に、一回クビになっているツワモノです。その後大蔵省に戻ってきて財務官まで登りつめた人です。

まぁ、藤井さんの口から榊原さんの名前が出てきた訳ではないので未だ分かりませんが、もし、この方が大臣になったら面白くなるかもしれません(不謹慎ですが)。何かをやってくれると言う期待が持てます。

ここ数日の民主党の人事で、平野さんが官房長官になったと言う報道がありました。民主党の内部から既に “やっかみやひがみ” が出ているとの事ですが、自由民主党の様に閣僚の椅子ばかり狙って国民主体の政治を忘れないようにしてもらいたいものです。そんな事にこだわっている時間は無いはずです。又、小沢幹事長も同様に “二重権力・院政・壊し屋” など言われていますが、今の健康状態や歳を考えたらこれが最後になるかもしれないと思うのです。
とにかく、一挙手一投足に目をやるよりも、もっと大きく “何ができるか” を見たほうがいいと思います。

最後に、私は民主党がマニフェストを守るか守らないかはあまり気にしていません。達成率が40%でも60%でも、高速料金が無料にならなくてもどうでもいいです。
注目している点はたった一つ、

官僚主導の政治を国民主導の政治にもどせるかどうか

この部分だけです。
ここに突破力があるかどうかしか見ていません。

正直言って、現政権も次期政権も(たとえ任期満了まで政権についたとしても)過渡期の暫定政権としか見ていないからです。
一筋縄ではいかない問題ばかりです。この為に政界再編はあるでしょうし、国民も紆余曲折して民主主義を造っていくと思います。

政治ネタは今日で終わりにしたいと思います。
とにかく、住みやすく安心できる国を造ってくれる事を願います。


以上

“いまさらながら”

8月はブログ皆勤賞でございました。何とか欠かさず毎日書くことができました。
9月はちょとサボりながら書いていきたいと思います。

本日は、テレビで見ていて気になった事を書きたいと思います。
「いまさらながら」ではありますが、麻生総理で気になったことがあります。
朝一番で総理官邸から出てくるとき、総理に張り付いている記者たちが

「総理、おはようございます」

と朝の挨拶をします。
しかしながら、麻生総理は毎度毎度おなじみの “右手を頭につける(敬礼なのか頭が痛いのか分からない中途半端な格好です)” だけで挨拶を返しません。

昔、小さい頃に親に教わりました。
「挨拶をされたら、ちゃんと挨拶で返しなさい」 っと

自分は総理大臣だから下々の者に挨拶などしなくて良いと思っているのでしょうか?
少なくとも一国のトップである総理大臣が、「挨拶はしっかりしています」くらい見せないと、子供達は何て思うのでしょうか?
これだから選挙で勝つことはできなかったんだ。とは申しませんが、身をもって示すくらいの気概がないと日本は良くならないでしょう。
まぁ、この方は総理大臣ではなくなるので、次の鳩山総理がちゃんと挨拶をするかどうかが楽しみです。

だいたい、国会中に居眠りするのも如何なものかと思います。授業中に居眠りするなどもってのほか っと子供達に注意できないのではないでしょうか。
加えて、あなた方の給料は国民の税金で賄っているのです。居眠りした奴は、一回に付き1ヶ月分の給料を返納するくらいの厳しさがないと国会議員でいる価値は無いでしょう。

もう一つ、
小沢ガールズの一人が朝のインタビューに答えた際、
「小沢一郎先生の秘書がご指導くださいました」
的な言い方をしておりました。

これ、一般の企業ならば完全に失格です。
一般の企業ならば、自社の重役・社員は普通 “呼び捨て” にするのが常識です。国会が非常識の場であると言うのは分かりますが、「庶民感覚で」をうたい文句にして選挙戦を戦ってきた民主党ならば、せめてこの程度の常識があってもいいのではないでしょうか。

「幣党代表代行の小沢の秘書が私の指導にあたりました」
と言うのが普通でしょ。

民主党になったらあまり恥をさらすことの無い様にしてもらいたいものです。

“三歩下がって師の影を踏みつける”
などと国民に思われないようしてください。
まず、国民が見ているのは、その辺からだと思います。


“選挙が終わりました・・・・・・が”

午後8時ちょうど、いきなり「民主党315議席」と出ました。
見ていて度肝を抜かれましたが、どこかで「やっぱりな」と言う気持ちもありました。

4年前の郵政民営化選挙で自民党が大勝した時も、この「小選挙区」の怖さを見せつけられました。
今日もすごいなぁと思いましたが、前と違うところは「小泉純一郎」と言う人気役者がいないことです。確かに「民主党への風が吹いた」と言われていますが、今回は劇場型の選挙が行われた訳ではないと思います。

こう言う “ふり幅” が大きい選挙結果を見て、極めて危険な国民性であると言う評論家やジャーナリスト或いはコメンテーターがいます。
評論家やジャーナリスト或いはコメンテーターは、小難しい事を言って一人で納得しているところがあるのかもしれないが、私はそうは思いません。
危険な国民性と言う人たちは、あまりにも国民をバカにしているとしか思えません。
国民だって4年前の選挙から勉強しているし、今度はどんな日本にしたいのかを考えています。

日本の民主主義は幼稚であるといった人がいましたが、確かに今までの政治や選挙を見ると発展途上と言うか国民が自分の物にしていないと思える節があります。
前にも出しましたが、私が尊敬する白洲次郎が良い事を言っています。

「私は、“戦後”というものは一寸やそっとで消失するものだとは思わない。我々が現在声高らかに唱えている新憲法もデモクラシーも、我々のほんとの自分のものになっているとは思わない。それが本当に心の底から自分のものになった時において、はじめて“戦後”は終わったと自己満足してもよかろう」

まだ、自分の物にしていないデモクラシーかもしれないが、大きく振れた選挙(前回と今回の2回)のなかで、又一つ国民は学習をしたのだと思っています。
そして、これが終わりではなく、又、この政権では良い国が作れないと思えば、選挙で大きく代えることもあるかもしれないし、政界再編もあるかもしれません。
私は、これが本当の健全な民主主義の姿と思っています。

いろいろあった選挙ですが、ひとつ思ったことを・・・・・
戦後実質的に自民党の基礎を作った “吉田茂” で始まり、孫の “麻生太郎” で自民党の役割を終わると言う話は本当に皮肉だと思います。(自民党は自由党と日本民主党が1955年に合併してできました)

もう一つ、薬害C型肝炎の福田衣里子さんの当選は久々に気持ちが良かったです。
「普通に大学を出てパン屋さんになるのが夢でした。」
と言っていた人が、薬害肝炎のために数奇な運命を歩くことになります。
そして、選んだ道が国会議員だったのです。
彼女の言葉は、本当に芯があって力がありました。久々に心に届く演説を聞きました。
国会に行っても頑張ってもらいたいものです。

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。