スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“松本市に地震”

朝方の大きな地震でびっくりしましたが、皆さんお怪我などはありませんでしょうか?

数日前の新聞で、東日本大震災の影響で「牛伏寺断層」に数十センチのズレが見つかっ

た・・・・・とありました。昨日6/29の夜半から数回地震があったのでおかしいと思っ

ていましたが、いきなり来ました。

松本市だけか中信地区だけかはわかりませんが、ドコモスマートフォン向けのSPモ

ードのメールが送れない状況です。

松本城の一部と空港線に被害があるらしいです。

余震が続くと思います。くれぐれもお気をつけください。
スポンサーサイト

“お花見をしましょう。そして・・・・・・”

岩手県の日本酒蔵本「南部美人」さんからのメッセージを載せます。

Youtubeで117,000回近く見られている動画メッセージです。 






前にも書きましたが、普通に生活できる場所では、普通の生活をして、余暇を楽しんで、欲しい物を買う。

と言った事が、逆に被災地の経済を助けると共に、日本の経済を助けます。これが、復興を手助けする

事にもなるのです。

自粛ではなく普通のことをするのが、義援金や支援物資と同じくらい(目には見えませんが)効果がある

事だと思います。



残念ながら、東京の三社祭も中止になりました。隅田川の花火もこの分だと中止になりそうです。


我が奥さんが良いことを言いました。

「隅田川の花火も諏訪の花火も(花火で有名な開催場所全て)すべて東北の被災した地でやればいいじゃん」

復興の狼煙をあげる為にも、人々に勇気を与えるためにも、なにも開催場所にこだわる必要は無いので被災

地で開催するのもひとつの手だと思います。これもまた被災地への義援・支援だとおもうのですが・・・・



東北のかまぼこ製造業の会社のことをやっていましたが、地元に勇気を与え、雇用を守るためにも、一日

も早く復旧するんだ、と社員ががんばられていました。



長野県もぼちぼち桜の花が咲きます。

東北のお酒を持って花見に出かけませんか。

“身につまされる思い”

「震災孤児」

いわゆるこの大震災で親を亡くした子供達が、阪神大震災の68人を大きく上回るとの

事です。

ニュースで見聞きする状況は辛いものばかりです。いつまでも親の迎えを避難所で待っ

ている幼児(なぜ親が迎えに来てくれないか回りの大人に聞くそうです)、そして海岸

線でいつまでも親を探して歩いている小学生と幼稚園の兄弟(祖父が両親が亡くなった

事を言えずにいるそうです)、あげれば切りがないでしょう。

こんなに多い「震災孤児」は、太平洋戦争以後は無かったと思います。



残された子供達は精神的に大きなダメージを受けていると思います。

私たちはこの子供達に何もしてあげることができません。どんなに励ましたところで、心

に負った傷の深さは計り知れません。同時に、時間が解決してくれることを祈るしかでき

ません。

専門家の皆さんにできる限りケアをしてもらい、せめて強く強く生きてくれることを望む

ばかりです。そして、私たちにできる事(何が一番良いサポートとか今は判りませんが)

をできるだけしていけたらと思います。


国民一人一人が震災孤児の親となってサポートしていく、そして真っ直ぐな子供達に育て

ていく、そんな気持ちが必要なのかもしれません。


今は、一日でも早く震災孤児たちの心の傷が癒えるように祈るばかりです。



“やっと廃炉が決まりました。”

本日、東京電力会長から福島第一原発・1号機~4号機の廃炉が発表されました。

その後、枝野官房長官から5・6号機の廃炉も示唆されました。加えて政府から

2030年までの「エネルギー基本計画」の見直しが発表されました。



現状を見れば国民の民意は明らかだと思います。しかし、原発の話しをすると必

ず起こる議論が「電力不足をどう補うか?」「原発が無くてこれからのエネルギ

ー政策をどうするか?」などです。

そして原発推進派は →  →  →  「あなたがた国民は今までのライフス

タイルを変える覚悟はありますか?」   と聞いてきます。

すると、「やはり原発が必要だ」と民意は傾きます。いつも、この繰り返しです。

今回は1970年代と違って、代替エネルギーのオプションが幾つかあります。なの

で国民の民意は硬いと信じているのですが、優れた代替案を政府が提示しないと

いけないでしょう。



例えば(これは私の案ですが)、今の電気事業は日本全国を10社で分けて運営し

ています。この電気事業の運営範囲は極めて広いと言えます。つまり、これだけ

広範囲の事業運営にはかなり無理が生じていると言えます。今回起きた東京電力

の始末を見れば良くわかります。

1都7県に対し、独占的に電気事業の運営を行っている割には、融通が利かないと

言うか、小回りが利かないと言うか、極めてお役所的な対応にあきれました。昨

日書いた日本経済にも影響を及ぼします。

この広範囲の電気事業をもっと“セル化”します。範囲を小さくするのです。例

えば自治体ごとに発電システムを持つ、または、地域ごとに発電システムを変え

るなどの工夫をします。

そこには太陽光発電のコンビナート(かなり大きな施設)を持ったり、風の強い

場所では風力発電設備を持ったり、或いは燃料電池(先日私が書いた“エネルギー

について
”の天然ガスを使うなど)を持つなど、地域地域で特色を持った発電

システムによって原発の不足分を補う事ができると思います。しかし、こういった

発電システムは安定性が無いので、「リチウムイオンキャパシタ」などの新たな蓄電

設備を組み合わせて施設を造ればもっと効率が良いと言えるでしょう。



ここに、工場や製造業などの大量の電気・高圧の電気を使うところに対して、今までの

電気事業者10社がサポートしていくシステムができれば良いと思います。

要は、用途別(工場or家庭)、種類別(高圧電力or一般家庭電力)、の3次元的(階層別

と言った方が良いでしょうか)なシステムができれば、原発が無くても発電は可能である

と考えます。

これが、私の考えです。



とにかく、目に見えない放射性物質・放射線にここまで恐怖を持った国民は、新たなシス

テムを協議しなくてはならない岐路を向かえていると思います。いろいろな知恵を持った

人が集まれば可能と信じます。



PS:原子力は地球温暖化(低炭素)に対して優れていると言われていますが、原発の燃料

のウランを採取するとき大量のCo2を排出していることを知っていてもらいたいと思います。






“普通の生活をしましょう。”

復興に必要な金額は19~25兆円(原発抜きです。原発が入ると30兆くらいでしょうか)

と言われています。

これは、日本の国家予算の約1/4に該当します。復興にはいろいろな方法が考えられて

いますが、一番は「復興国債」と銘打たれた物を日銀が買い取って費用を捻出する方法

です。または、アメリカから購入した「米国国債:約70兆円」を担保に入れ、日銀から

費用を出させる、と言うものです。

ただ、ひとつ間違えると日本経済を左右しかねません。通常、株式は6ヶ月先を反映する

と言われていますが、震災後の株式市場はいっきに下げ、今も10,000円を切った状況

です。

もうひとつの問題(実はこれが一番気になる事ですが)ですが、災害を毎日テレビで

目にして「倹約・自粛」と言った風潮が広がっている事です。

極端なことを言うと、普通の生活ができる地域の人は普通に生活を行うことが復興に

つながると言う事なのです。

経済は人間の体で言うと血管にあたります。これが何処かで滞ると全身が弱っていっ

てしまいます。

つまり、強い経済を早い時期に取り戻す事が必要で、これには今までどおりの生活を

営み、余暇を楽しみ、欲しい物があったら購入する。これができる地域の人は、罪悪

感を持たずやったほうが良いのです。



日本のデフレはGDPの需給ギャップが原因です。これが約20~30兆円あると言われて

います。上記に書いた震災の損害額とほぼ同額です。

この震災は今の日本の財政にとって極めて厳しいものである事は間違いありません。

しかし、この未曾有の災害をバネにして再度「陽が昇る日本」を目指すことが必要と

思います。この震災で亡くなられた方々の為にも、絶対陽を昇らせなくてはいけない

のです。




私が物心付いてから日本がこんなにまとまった姿は初めて見ました。

日本はかならずこの苦難を乗り越えられると信じています。


プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。