スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“エネルギーについてpart2”

本日は、凜ちゃんの成長記録をお休みにして、最近テレビで頻繁に取り上げられて来た

「石油を作る藻:オーランチオキトリウム」について書きたいと思います。


2月の終わりに“エネルギーについて”をブログで書きました。

「石油を作る藻:オーランチオキトリウム」と「ボトリオコッカスブラウニー」そして

「メタンハイドレード」「天然ガス田」について書きました。今日は「オーランチオ

キトリウム」についての補足です。



「オーランチオキトリウム」とは、重油に極めて近い成分のオイルを作り出す藻の名前

で、筑波大学教授の渡辺先生が発見しました。重油と言っても皆さんご存知(女性の皆

さんなら良く知っていると思います)の「スクワレン」に近いものです。なので、一番

最初に注目したのは化粧品製造メーカーだったと言われています。


前回のブログで、「オーランチオキトリウムが作るオイルを燃やしてもカーボンニュー

トラルなので環境にも問題ない」と書きましたが、正確には間違いです。と言うより、

複合的に見ると「カーボンニュートラル」以上の成果を得られるためにこの様に書きま

した。それを以下に書いていきたいと思いますが、そもそも「カーボンニュートラル」

とは? についてまず説明しましょう。

簡単に書かれている物には「環境中の炭素循環量に対して中立」とあります。何かエネ

ルギーになる物を作ると二酸化炭素が排出されます。2008年頃にメチルアルコールを

ガソリンに混合するとエコになると言う事で、アメリカ・ブラジルなどのトウモロコシが

軒並み値上がりしました。・・・・・・・エコに良いと言っても、トウモロコシからア

ルコールを作るのに大量の二酸化炭素が排出されるのです。つまり、トウモロコシから

アルコールを作る事は「炭素循環量の上で中立ではなく過多である」と言うことです。

二酸化炭素排出量と二酸化炭素吸収量が同じになれば、二酸化炭素は増えない

と言う考え方です。最近の物の中では、「ペレットストーブ」があげられます。



オーランチオキトリウムは光合成で重油を作るのではなく、有機物を食べて重油を作り

ます。よって、カーボンニュートラルにはなんら関与しません。ボトリオコッカスブラウ

ニーは光合成で重油を作るのでカーボンニュートラルの考え方は当てはまります。

まず、オーランチオキトリウムとボトリオコッカスブラウニーを一緒に培養して育てま

す。そこで一部の二酸化炭素はボトリオコッカスで吸収します。


では、オーランチオキトリウムはどうするか?


先ほどオーランチオキトリウムは有機物を食べて重油を作ると書きました。有機物はこ

の世の中に腐るほどあります。一番は生活から排出される雑排水、汚物、生ゴミ、など

など・・・・・・そして、行政がかなりの予算を割いている部分もこれらの処理費用

になります。

そこで、オーランチオキトリウムとボトリオコッカスを雑排水処理上で培養し処理を

させます。そしてここから重油を採取する。たとえオーランチオキトリウムが二酸化

炭素を吸収しなくとも、処理に使われてきたエネルギーを減らす事ができれば、それ

だけで二酸化炭素削減になります。また、処理場で採取された重油を行政が売っても

いいでしょうし、それを使って自家発電をしてもいいでしょう。(原発はいらなくな

ります)

そしてこの前も書きましたが、石油施設の既存の設備(製油所・備蓄タンク・タンカー・

ガソリンスタンドなど)が全て使えます。重油よりキレイであれば精製にお金もか

からないかもしれません。



今日書きたかったこと

オーランチオキトリウムは一石二鳥ならぬ一石

三鳥・一石四鳥も狙えるポテンシャルがある

と言うことです。



最近のテレビの取り上げられ方の中で、何か「夢か現か幻か」あるいは「絵空事みたい」

などと言ったふざけた物もあったので、どうしても書かないとと言う使命感に駆られま

した。

ニュースかインターネットで、渡辺教授の研究に対し石油メジャーから研究費の申し出が

あったと言う情報が流れた時は、さすがに、また日本の研究が海外に流出するのか、と

がっかりしました。しかし、先日のTBS「夢の扉」と言う番組で、これを全て断わり

オールジャパンで研究して「日本を産油国するんだ」と言った教授の力強い言葉がとても

元気を与えてくれました。一見オタクっぽい大学教授かもしれませんが、その心の内は

サムライの血が流れています。

そして教授は、出身地でもある宮城県及び東北の震災の惨状を目の当たりにして、

この地でオーランチオキトリウムの産業を立ち上げようとしているみたいです。



たかじんのそこまで言って委員会で勝谷氏がよく言っていますが、被災にあった土地が、

約2万ヘクタールで、ここで培養して重油をとれば日本の石油はまかなえます。オーラン

チオキトリウムは塩水域から汽水域(海水と淡水が混じる場所)で生息するみたいなので

被災地で産業を興すにはもってこいです。ただ、台風・津波で駄目になった時のバック

アップとして、台風被害が少なくて、津波被害も無い、長野県はいかがでしょう?



こう言った発明とか開発とかを目にすると、いつも「日本人のポテンシャルの高さ」を

痛感させられます。こんな大災害の後ですから、夢のある話や元気がでる話はとても

大切だと思います。「オーランチオキトリウムで日本が産油国になる」これは夢の話で

はありません。私が生きているうちに目にする事ができると考えると、それだけで元気

が出てきます。

日本は必ず復興し、世界の第一線に必ず復帰すると信じて、今日のブログでした。
スポンサーサイト

“エネルギーについて”

この前のブログで、「石油を作る藻:オーランチオキトリウム」と「メタンハイドレード」について っと

書きました。 本日はその続きです。

石油を作る藻は以前から発見・研究されてきました。オーランチオキトリウムが発見される前に研究されて

ていた藻は、「ボツリオコッカス・ブラウニー」と言うものでしたが、1㍑当たり生産コストが800円以上

かかり、これがネックとなっていました。

ところが、昨年12月に筑波大学の発表した「オーランチオキトリウム」は「ボツリオコッカス・ブラウニー」

の約12倍程度の生産能力があり、1㍑当たり50円程度で生産可能(大量に栽培すれば)と言われています。

この藻は沖縄県の海水から発見されたのですが、淡水でも生存は可能であるとも言われています。

もしかしたら、近い将来長野県で石油(正確には重油らしいですが)が精製されるかもしれません。まぁ、

これには問題点もあるので、一概に簡単にはいかないと思います。(問題点は後で書きます)



もう一つ「メタンハイドレード」について書きましょう。(石油を作る藻もメタンハイドレードも、もしか

したら池上さんが番組で説明済みかもしれませんが)

簡単に言うと、メタンガスが凍った塊が日本近海にかなり大量にあるらしいのです。しかし、これが地中深

くにあるので採掘が難しいのですが、将来的には尖閣諸島付近の天然ガス田と共に、次世代エネルギーとし

て有望と言われています。





この2つの次世代エネルギーのメリットを書くと、「オーランチオキトリウム」は現在の施設・設備がその

まま利用可能です。又、自然界の藻が重油を作るので「カーボンニュートラル」と言う観点から環境にも優

しいと言われています。

「メタンハイドレード」は、環境の点で温暖化の元となる「メタン」を排出するのではないか? っと言わ

れています。又、採掘した後で地盤沈下或いは海底で地すべりが発生し、地表に深刻な影響を及ぼすとも言

われています。確かかどうか分かりませんが聞いた話では、スカンジナビア半島で紀元前にメタンハイド

レードが溶けて地盤沈下が起こり、地表が変化したとの事です。



このうち「オーランチオキトリウム」については、メジャーと呼ばれる国際石油資本が邪魔をしてくること

は間違いないでしょう。中東で独占的に石油を採掘しているので、これからも高く売りたいと思えば妨害し

てくるはずです。

でも、近い将来日本が「持たざる国」から「持てる国」に変わる可能性は高いと思います。しかし、「持た

ざる国」であったからこそ必死に考えて発明された「環境技術・省エネ技術」は、もっと進化させるべきだ

と思います。


今日は以上です。

“再び CAS冷凍システム”

今晩、テレビ東京の「カンブリア宮殿」で、CAS冷凍システムの会社社長が出演していました。
私は以前のブログでCASシステムを取り上げたことがあります。

「CASシステム」とは、株式会社アビーが開発した、従来とはまったく違った冷凍システムになります。
以前のブログでのCAS(Cells Alive System)システムを、私は若干勘違いしていた処があります。


被凍結物内部の水の分子は、通常冷凍で行うと中心部分で固まって結晶化するので細胞が破壊されます。が、CAS冷凍だと、電磁によって水の水分を震わせながら凍結するので結晶化せず、細胞を壊すこと無く凍らすことができる、と言うものです。


以前のブログで、このCAS冷凍システムは、さまざまな可能性を含んでいると書きました。
今日見た限り、一部ではそれ以上の可能性が発見された反面、やはり、行政の面で遅れていると思わざるを得ない部分もありました。

テレビの放送は、各自治体が地元の産物をCASシステムを使って全国に送り出す、と言う内容の放送でした。
これによって、流通ハンデを克服すると共に売り上げを上げる。又、Uターン・Iターンの人口流入も起きていると言うものでした。
(株)アビーの社長は、「第一次産業が変わり、田舎を元気にする」と言っていました。つまり、このシステムで一次産業で働く人たちの収入が上がる上に、これに伴い働く場所が確保できるというのです。

この他、臓器凍結バンクと言う内容も放送していました。
カニクイザルの卵巣を取り出しこれをCAS冷凍し、解凍したものをもう一度同じサルに戻す。これが世界で初めて元のように機能したのです。
これが人間に応用できると、癌治療に応用できるというのです。
これを見ると、素晴らしい可能性の発見です。

しかし、未だに政府や行政が何らかの形でこのCAS冷凍システムを利用しようとする動きがありません。世界の国は、首相クラスがこの技術に注目して(株)アビーを訪れています。
なんと言うか、議員あるいは役人に知恵が無いのか?、もしくはこのシステムを理解していないのか?、わかりません。
各自治体の導入も少ないのが現状です。

これを長野県に当てはめてみると、一番は「ふじリンゴ」です。長野県産は年内に販売が終わり、年明けから青森県産が売り出されます。青森県は窒素ガスを使った貯蔵倉庫で賞味期限をずらしています。(リンゴに息をさせない方法です)
この二つの県で上記のように住み分けをしたとしても、春先~夏にかけては品薄になります。ここで新鮮なものを売り出したら商売になるはずです。
高原野菜、スイカ、などなど、他の農産物でもいけるでしょう。
工夫次第です。

とにかく、一度この(株)アビーのホームページを見てください。
画期的で、工夫次第で無限の可能性を秘めています。
これを、地域活性化に使えないものでしょうか?
再度私のブログで取り上げましたが、各自治体・県などに期待するばかりです。



"叩いたら何とかなる???"

第二次世界大戦・ヨーロッパ戦線のターニングポイントとなった「ノルマンディー上陸作戦(通称オーバーロード作戦と言う)」は、ナチスドイツの支配下に置かれたフランス(西ヨーロッパ地域)を開放するために、連合軍が行った史上最大の上陸作戦である。
決行当日の暗号は「D-DAY」。そして、このD-DAYを扱った映画が「The longest day」(史上最大の作戦)である。

映画の中で、イギリス軍の上陸部隊が海岸で右往左往しているシーンがある。装甲車のエンジン内に海水が入りこれが始動しない為、兵隊がみんなでこれをどかそうと四苦八苦している。
そこに登場するのが初老のイギリス海軍上陸主任:コリン・モード大佐。

「ばかもの~!! そこで何をもたもたしとるんだ~!! 貴様らそこをどけ~~~!!」

そして、

「うちの婆さんがよく言っておった、"機械なんて物はたたきゃ~何とかなる"っと」

持っていたステッキで2・3度ボンネットをたたいた瞬間、「ボッ ボッ ボッ ボッ ボッ~~~~ン」っとエンジンがかかるシーン。

ちなみに、これを見ていて皮肉を言う若い一兵卒の役が、あのショーン・コネリーの若かれし頃である。

よく考えると昔、親父やお袋がラジオの接触が悪いと手でポ~ンとたたいていたっけ。確かにラジオやテレビがこれで復活するのを見てました。(笑)

しかし、しかしである。ストーブにまでにIC基盤が入っている昨今の電化製品は、さすがにたたかなくても大丈夫だろって皆さんも思うでしょ。

ところがところが、我が家のパソコンは凄いですよ~。  パソコンですよ  

会社で使っているタワー型のパソコンは、なぜか一度立ち上げて使わずに他の事をやっていると、勝手に3回位再起動してるし、立ち上がるとすぐにフリーズするし、リセットすると箱の中で「カチ カチ カチ」って音がして立ち上がらないし(かちかち山じゃないんだからね~)。

そういう時は、あの大佐の言っていた言葉を思い出すんです。

「たたきゃ何とかなる」

はい、たたきます。箱の横から3発くらいたたきます。
すると、あ~ら不思議!!!・・・・・・・・・・・・・これが立ち上がるんですね~。(呆)

これだけじゃあ~りません。

外に仕事で持ち出すノート型のパソコンですが、これも画面が「チカチカ チカチカ」明るくなったり暗くなったりするんです。
思わず画面の部分を「カン カン カン」っとたたきます。
すると、あ~ら不思議!!!・・・・・・・・・・・・・これは直らないんですね~(呆)

横で見ていたうちの奥さんも、「たたいて大丈夫なの???」って目で見てますが、このパソコンは購入後7年近く経ちますし、使用頻度を考えたら寿命でしょう。

てな訳でノートパソコンは買い換えました。でもタワー型のパソコンは結構毎朝楽しめているので、まだまだ買い換えません。
いつ言うことを聞かなくなるか、いつ止まるか、このまま大丈夫だったりして、楽しみです。


※家電製品はたたかないで下さい。特にパソコンなどの精密機器はたたいてはダメです。たたくときは、「自己責任」でお願いします。(笑)

“ギブソン社製 レス・ポール ギター”

8月14日のインターネットで
「レス・ポール氏死去」
の訃報が出ていた。

「ギブソン レスポール ギター」と言えば、バンドをやっていた人間だったら垂涎の的のようなギターだ。
このエレキギターは、ギブソン社とレスポール氏が共同で開発し、レスポールシリーズとして数多くのミュージシャンが愛用した。ジミー・ペイジ、ザック・ワイルド、ゲイリー・ムーア、ニール・ショーンなどなど、ストラトキャスター派だったクラプトンもベックも使用していた。

このギターが画期的だったのが、ピックアップに「ハムバッカー」と言うシングルコイルを逆相で二つあわせたものを開発し使った事。1957年に開発された。
みんなこのピックアップを 「P・A・F(パフ)」 と呼んでいるが、ピックアップに張られていた「特許出願中」の “(Patent Applied For)” のシールをピックアップの名前と勘違いした事から始まっている。
このピックアップの発明が本当に素晴らしかった事は、いまだに同じ作り方で現在のギターに装着されている事だと思う。

又、このギターは美しい形と木目と色でも有名。
マホガニーとハードコアメイプルと言う木材を使っており、メイプルが描くトラ模様のボディは芸術品であると言ってもいいくらい素晴らしい。

本当に亡くなった事は残念だが、名器を世に送り出し、それに自分の名前が付けられ、世界中のミュージシャンが愛用している、と言う事を考えるとこの方は幸せだったのかもしれない。

最後にいやらしい話で申し訳ないが、このギター1957年~1959年までに製造されたものがオークションで数百万円で取引されていると言う事からも、いかに素晴らしい名器か分かっていただけると思う。

う~ん、この文章を見ていたら私もオタクかもしれないな~。
プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。