スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ナゼ・・・・・?”

東北地方太平洋沖地震が発生した次の月曜日から市場が開きました。多分、目を

疑った方が多かったと思います。

地震で日本の経済が弱まる → 円が売られドルが買われる → 円安へシフトする・・・

こう言ったシナリオを考えた方が多かったと思います。



結果、円高ドル安がかなりのスピードで進んでしまいました。1ドル/76円台まで進みました。



テレビの報道番組で説明されていると思いますが、「日本の企業が様々な支払いのために

ドル建てで持っている資産を円に換金する」その為に円高ドル安が進行したと言う物です。

簡単に説明すると、1ドル/100円で購入したドル建て資産があったとしましょう。その

ままのレートでドル建て資産100ドルを換金したとすると10,000円になります。損も得もあ

りません。

① これが円安ドル高になった場合、1ドル/120円になると12,000円で換金できるわけです。

(+2000円)

つまり円安ドル高に振れると、当然日本で換金する方が特になる訳です。

② 逆に1ドル/90円になると、9000円で-1000円の損になります。

実際は先物取引などかなり複雑な取引をしている思いますが、大枠はこんな感じです。


ではトレーダーはどういった取引をするのか?

①の時は割と単純です。ドルを買ってドルの価値が高くなったら売ります。

②の時がちょっと解りにくいかもしれませんが、まずドルを先に売ります。ドルの価値

が下がったところで買い戻す、と言う取引をします。さっき上にも書きましたが、

10,000円で売った物を9,000円で買い戻すので、手元には(+1,000円)残ると言った具

合です。



阪神大震災の後も同じ様に円高ドル安が進みました。

トレーダーなどの職業にある人は、瞬時に匂いを嗅ぎつけて取引をします。端的に言うと

台風だろうが、地震だろうが、人が亡くなろうが、まったく関係ありません。日々、淡々

と取引をするだけです。

しかし、G7或いはG8蔵相会合などで、激甚災害時に一定期間レートを固定するなどの

暫定的な措置を考慮しても良い様な気がします。そうでもしないと、災害で生産性が落ち

る上に円高が圧し掛かって、復興自体に支障をきたします。


今、日本は原発・地震・津波と国難とも言える場面に直面しています。

「陽はまた昇る」

と信じていたいと思いますが、この国を取り巻く環境はあまりに悪いことばかりです。


今日は以上です。






スポンサーサイト

“少しずつズレてきている。”

本日、義理母がテレビを見ていて

「少しずつこの世界がズレてきているね~」

っと言っていました。

確かに・・・・・



中東:エジプトなどで発生した政府に対する不満が、現政権を倒す事態にまで至りました。アラブであれだけ

恐れられたカダフィ大佐率いるリビアが、まさかこんな状況になるとは正直思いませんでした。

中東や北アフリカでデモが発生した原因はハッキリしています。

「穀物:特に小麦粉の高騰」

です。

エジプトは、小麦消費量が世界第一位です。この地域で暴動・デモが起こっても不思議ではありません。リー

マンショックの起こる前は、米を主食にする地域で暴動が起きています。

まぁ、コーヒー豆の高騰にしても、小麦粉の高騰にしても、明らかに投機マネーが値をつり上げている点では、

リーマンショック前と同じだと思いますが。



テレビなどで一番心配されているのが、リビア・バーレーンに飛び火した火が、親米国家:サウジアラビア

に引火する事です。

まだ幾つか心配な点があります。原油の高騰もその一つでしょうが、もっと心配なのがイスラエルに矛先が

向かうことです。

「第5次中東戦争」 になること方が心配です。

第4次中東戦争と違うのは、アメリカの力が落ちていること、イランに核兵器が存在する可能性があること、

少数派のスンナ派に比べ多数派のシーア派が各地で暴動を起こしているなど、もし、親米国家のサウジアラ

ビアの現王族が倒れ、中東の足がかりを失えばアメリカもそう簡単にイスラエル支援にまわれないでしょう。

パレスチナに対する不満は周辺国家に広がっているので可能性はあります。特にパレスチナ人民の命の綱と

となっている地下トンネル(イスラエルに封鎖されたガザ地区への物資はここから送っています)はエジプト

から掘られています。

こう言った戦争だけはできるだけ起こして欲しくありません。矛盾かもしれませんが、平和な結果を産む革命

にしてもらいたいと思います。



冒頭に書いた義理母の言葉「少しずつ世界にズレが生じている」ですが、ズレが生じているのではなく、自ら

の主義を押し付けた欧米の支配にほころびが生じ、「少しずつ元の世界に戻っている」のかもしれません。

今こそ日本が築き上げたこれまでの外交のパイプを使い、イニシアチブを取れるようになれればと思います

が。




それにつけても・・・・・原油の高騰に左右される日本の状況を打破する方が先決でしょう。次のブログは、

「石油を作る藻:オーランチオキトリウム」と「メタンハイドレード」について書きたいと思います。


“それでも書き続けます”

よく、知り合いの女性の皆さんが仰います。
「このブログ(ビスターリ・ビスターリ)は2~3行目くらいで訳が分からなくなるので読むのをやめる」っと・・・・・・・・・

う~ん・・・・・ 多分、時事・経済・世相と言った類の時だと思います。まぁ、できるだけ分かりやすく書いているつもりなんですが???
漫才で言うところの「ツカミ」がへたくそなんでしょうか???

以前までのブログでは、この手の内容はあまり書いていませんでした。よく営業のときに言われたものです「お客様の前(人前)ではさしすせその話(さ行の話:宗教とか思想とか政治とかを総称して)」はするな!!っと。
なぜ、こんな事を書こうかと思ったのか?

  ―話は飛びますが-

私はよくスカイパーフェクトTVを見ています。
朝日テレビやTBSなどの一般のテレビ局が、地上波(いわゆる一般のテレビです)で視聴率が取れない番組やなかなか言いにくい事(スポンサーに気を使わないといけないとか討論番組など)を衛星放送の小さな番組を通じて放送しています。
昔からこれを見て良く思っていたのですが

「この情報は地上波で流さないとまずいだろ~」

とか

「なんで地上波でこんな事が言えないんだ?」

と言う内容が特にここ最近多く、それならいっそブログで書こうと思ったのがきっかけです。
世の中で当たり前にまかり通っている事には違った側面もあり、裏にはこんな考えもある、みたいな事を少しでも書くことができたらと思ったのです。

今年は衆議院選挙や、未曾有(“みぞうゆう”じゃないよ)の経済危機の行方や、アメリカ新大統領就任など、さまざまな出来事があります。
少しでも、時事・経済などが楽に楽しく見えるようにがんばって書き続けます。
そして、もう少し分かりやすくするために努力します。又、ちょっと自分の考えも入れていきます。

では

“リーマンの破綻は序章に過ぎなかった”

・・・・・2008年10月1日投稿・・・・・

アメリカ議会で否決された「金融安定化法案」、これは極めてまずい状況だ。ニューヨークダウは777.68ドル安と過去最高の下げ幅を記録した。

誰もが議会で可決されると思っていた。しかし、下院で否決されてしまった。
ブッシュ大統領は第二のフーバー大統領になるのか?
このフーバーと言う大統領は、「世界恐慌」の引き金を引いた張本人。現在まで悪名をとどろかせている。(金融不安の際に何の政策も打たなかった事で世界恐慌まで突っ込んでしまった)
もしかしたら、後世に悪名をはせるのはアメリカ下院議員と言うことになるかもしれない。

今度のアメリカも対応は、日本の金融不安を見ているだけに早かったと言える。日本では不良債権問題が発覚して6年も経って「整理回収機構」を作った。但し、事の「ヤバサ」は日本の比では無い。元凶の金融商品は世界の金融機関が購入している。火種はヨーロッパにまで達している。来年はヨーロッパに金融不安が爆発する可能がある。
不良債権の買取とセットで必要なのが、金融機関の目減りした資本に対して公的資金を注入することである。
日本の金融不安の際、拓銀、長銀、日債銀、山一、が破綻しこれを機に公的資金注入が始まった。りそな銀行の一時国有化を最後に、金融不安もボトムを打った。これに似ている。

金融ではインターバンク市場での混乱も起きている。日銀も65兆円に及ぶドルを市場に投入している。
日本の金融不安の時は、「ジャパンプレミアム」と言って貸付金利にさらに上乗せ金利を課せられた(日本の銀行は危ないと言う理由から)記憶がある。
その日本の銀行或いは証券会社が、リーマンのアジア・ヨーロッパ部門を買い取り、アメリカの銀行に出資を行っている。
日本の銀行はやっと正常になり、強さを取り戻したと言えるかもしれない。
しかし、再度アメリカ・ヨーロッパに進出しようとしている日本の金融機関が、外国の金融を真似てバブルの失敗或いはサブプライムの失敗と同じような事をしないかが心配である。

ところで、このサブプライム問題の火種は、実はドットコムバブル(日本ではインターネットバブル)が弾けた2002年から始まった。
ドットコムバブルで行き場をなくしたお金が、サブプライムを生んだと言われている。

アメリカは金融立国である。これでもか!!っといろいろな金融商品を考えるものである。本当に感心する。
ただ一言、「他国に迷惑がかかるような過度な金融商品は止めていただきたい」、せっかく正常になってきた日本金融・経済にとってははたはた迷惑である。

本日は以上
プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。