スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“掲示板の名前変更のお知らせ”

本日はお知らせでございます。
「ワンズカンパニーオフ会BBS」は、掲示板の名前を変更いたしました。
あくまでも、会員の皆さんに名前をつけてもらいたいので、これは仮のネームです。

変更したと言う事でびっくりしないで下さい。いつもの通りはいれますので。

そして、いい名前があったら私に連絡を下さい。

新しい名前は(あくまでも臨時の名前です)

「わちゃわちゃワンコのオフ会BBS」

になります。

ついでに、掲示板の表示形式も変えてみました。

基本的な投稿方法は変わりません。落ち着いて書き込んでもらえれば迷うことはありません。

先生からロールダウン(記事を探して下がる事)が大変になったと言うリクエストがありまして、パターンを変えました。書き込んだ “お題” が分かるようになっています。
ありがたい事に書き込みの量が増えたので起こった現象です。

皆様、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

“きみも・・・・・・ちゃんと幸せでしたか?”

タイトルは映画「世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のサブタイトルになっている一文です。
特に我が家のワンコ達に何があった訳ではありません。
実は、この本も読んだことはないし、映画を見たわけでもありません(この手の映画はどうせ泣くから見ることができません)。

去年の7月の事です。
私やマウイママが良く訪れていたゴールデンレトリーバーのブログの主人公二匹が、たて続けに虹の橋に旅立って行きました。共に全国的な人気者でアイドルでした。
北海道のむぎちゃん、ブログ村で常に1位をキープしていたくーちゃん、今年それぞれ一周忌を向かえた事になります。
こう言う人気のあるブログを見ていると、絶対に死ぬことの無いヒーローみたいに思い込んでいる所があって(勝手に思い込んでいるのですが)、亡くなった事実に直面するとかなり動揺して戸惑います。

ワンちゃんが家族にいる家は、いつか自分より先に死に別れるときが来ることを覚悟していると思います。(不測の事態が無ければですが)
とてもとても寂しい限りです。
多分、毎年7月が来ると同じように考えてしまうんでしょう。そして、結局結論が出ないまま過ぎていくのです。

この映画の予告編にある言葉が好きです。
「君がメチャクチャにした毎日が僕らの宝物」

結論は出ませんが、今言える事は沢山の思い出(楽しいことも辛いことも含めて)が本当の宝物になると言う事です。
今年は、躾教室に行ったお陰でとても良い出会いが沢山ありました。又、一つ、マウイとキィウィと思い出を作ることができました。

犬は言葉が喋れません。だからこそ最期の時にこの様に聞きたくなるのでしょう。

“きみも・・・・・・ちゃんと幸せでしたか?”

みなさんも、沢山良い思い出を作っていきましょう。

PS:メルちゃんがんばったね。(大切な友達のところのワンちゃんです。Getting Things Done!
秋に又みんなで遊びに行くから、元気出すんだよ!!

“我家のパスタ麺”

本日は、パスタ麺のお話です。

我家ではずっと「DeCecco:ディチェコ」と言うメーカーのパスタを使っていました。いろんなところでこのパスタは売っているので皆さんもご存知でしょう。
イタリアでは、「イタリア全国消費者連合会」と言う所で「スパゲティ品質比較テスト」を行っています。「硬さ・均一性・密着度・風味・品質持続」と言った項目でテストされ、10ポイント制で高い平均点を叩き出したメーカーが高級・最高級に選ばれます。
「DeCecco:ディチェコ」も評価は高いほうですが、6.6ポイントで “良好” と言う部類に入ってしまいます。
最高級と言われるパスタメーカーは「ディベラ」「ヴォイエロ」等があげられます。平均点は7.1~7.3ポイントです。
最高級と言う部類には入らないのですが、7.3ポイントと言う最高ポイントで顔を出すのが今日紹介する “ラ・モリサーナ” と言うパスタです。

IMG_chide884.jpg

このパスタを知ったのは、このブログでは毎度お馴染みのCafeGojuが、穂高で「カントリーコレクション」と言う名前で営業していた頃から使っていたパスタで、とても美味しいと言うイメージがありました。
しかし、唯一の難点が一般的な小売業(スーパーなど)へ殆ど卸していない為入手が困難でした。ネット販売が当たり前になった現在でも取り扱っている所が少ないのが現状です。
この為、使いたくても使えないと言った状況が続いていましたが、つい最近CafeGojuのマスターから、幾つかの種類を扱っているネット店舗のURLを教えてもらったので、やっと買えるようになりました。

このパスタ麺の特徴は、“歯ごたえが良くツルツルしている割にはソースが絡みやすい” と言った感じです。作る側からしても “思ったところで味が決まる” と言う安定感があります。
今回注文したのはNo15(1.7mm)ですが、前回はNo16(1.4mm)を注文しました。個人的な感想ですが、モリサーナの場合少し太めの麺の方が麺自体の味がしっかり分かって良いように思います。(最近は細麺が主流ですが・・・・・・)
又、いろいろな麺で作ってみてインプレッションを書いていこうと思います。



『おまけ』

うちのマウイとキィウィは宅急便が届くたびに出てきます。(出てこなくていいのですが

IMG_4497.jpg

で、届いた荷物のチェックでしょうか? 徹底的に匂いを嗅ぎます。

IMG_4498.jpg

で、報告をします。

マウイ  「終了~    キィウィ 報告しなさ~い」

キィウィ  「は~い 
       とうちゃん かあちゃん 怪しいものではないで~す。
       爆発物は無かったで~す。
       以上で~す。」
   


    報告終わり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これ、毎回です。(汗)


“焼いた夏野菜をアーリオオーリオで”

IMG_3685.jpg

本日は、アーリオオーリオ・エ・ペロンチーニを応用した夏にピッタリの一皿をアップします。
夏のパスタと言うと「冷たいパスタ」を思い浮かべますが、これは温かいパスタです。とてもあっさりと食べることができます。
私が4月15日に“Spaghetti Aglio Olio e Peperoncini”と言うブログを書きました。
皆さんが言うところの「ペペロンチーノ:ニンニクと唐辛子のオイルソース」の作り方です。
オリーブオイルをソースにしたイタリアンの “基本中の基本” になります。ここでも書きましたが、このオリーブオイルソースがしっかり作れると、かなり応用が利きます。今回はこれを利用して、夏野菜を使ったパスタを作りました。
とても簡単なので、是非作ってみてください。

必要なのは、フライパン2個。パンを焼くオーブン。後はパスタを茹でる鍋です。
ペペロンチーノの基本は私のブログを見てください。ここでちょっと違うのは、パセリに加えてフレッシュバジルも刻んで入れます。(最近ではどこでもフレッシュバジルが売っています)
フレッシュバジルは、刻んで後で上に振りかけてもいいですし、オイルソースを作っているフライパンに入れて熱を加えてもいいです。2つの違いは、バジル特有の(ちょっととんがった)香りをそのまま残すか、少し抑えるかです。この香りが苦手な人もいるので、乾燥バジルでも大丈夫です。

では、箇条書きでレシピを書きます。
①、パンを焼くオーブンにトマトを上の写真のように切って(トマトを横に切ります)アルミ箔の上に乗せて焼きます。時間は10~15分位です。トマトのヘタは取って、皮が嫌いな人はパスタを茹でるお湯で少し煮て、皮を湯剥きをしておきます。トマトを素焼きにする感じです。

②、ナス、ズッキーニ、(パプリカがあってもいいです:処理の仕方は後で書きます)を上の写真のように適当な大きさに切ります。ズッキーニもナスも皮をある程度剥いだほうが食感がいいです。これを、フライパンで焼きますが、油は無しで素焼きにします。焦げ目がつく位まで焼きます。


※ この間にパスタの準備をします。ちょっとタイミングが難しいのですが、アーリオオーリオペペロンチーノのパスタができた上に、これらの焼いた夏野菜をのせます。タイミングを克服する為には、まず野菜類の用意をして温めておく事です。そして、パスタの上にのせるだけにしておく事です。見た目はあまり関係ないので。


仕上げの工程です。
③、②で焼けた夏野菜に塩・コショウを振りかけます。この後、オリーブオイルを軽く振りかけます。(オリーブオイルは塩・コショウの後に振り掛けるのが基本になります) オリーブオイルと野菜をよく絡めます。

④、仕上がったパスタの上に上の写真の様に野菜類をのせて、パセリを振って完成です。


このパスタは、食べ方にコツがあります。
上にのせたトマトを無理矢理 “グチャグチャ” に崩して、ソースのようにパスタに絡めて食べます。
このトマトは “ケッカソース” のような完全な生のソースと、ある程度火を通したトマトソースの中間くらいの食感・味になります。
野菜類を敢えて素焼きにするのは、夏野菜の “甘み” を最大限引き出すためです。その為、トマトはフルーツトマトやプチトマトなど、甘みの強いものが良いと思います。
パスタに絡めると、オリーブオイルとトマトが混ざり合ってネットリとしたソースに変化します。
あっさりしているのにコクがある “ちょっと癖になりそうな” 一皿になりました。下手な冷製パスタより美味しいかもしれません。
是非、挑戦してみてください。

PS:パプリカの処理の仕方ですが、魚を焼く網でパプリカ全体をを真っ黒に焦げるまで焼きます。それを直ぐ氷水に入れると皮が簡単にむけます。これを料理に入れます。

以上




“やっと仕事が終わった”

いやぁ~・・・・・・・只今、午前4時15分でございます。 
やっと仕事が片付きました。実は2日連荘(マージャン用語です:レンチャンと読みます)で午前4時を回りました。
久しぶりに仕事をした感じです。
どうせ夜遅いのでブログを書いてしまいます。

シフォンケーキでございます。あの後、マウイママがスランプに陥りまして、なんと     8回もシフォンを作りました。 
お陰で、ずいぶん沢山シフォンケーキを食べることができました。
やっと、お友達の誕生祝いと出産祝いとして送る事ができたみたいです。

やっぱりお菓子造りは難しい。

と言う訳で、本日は通信販売にも耐えることができるシフォンケーキの写真を撮りました。ちょっと珍しい写真なのですが、ホームページを持った時に必要かと思いまして撮りました。

IMG_5236①

実は、シフォン型の下側にあるプリント部分が普通に撮ると真っ黒になってしまい、見た目がとても暗くなってしまいました。
止むを得ないので、懐中電灯を2灯使って何とか明るく見せることができました。

IMG_5230①

舞台裏を見せたら多分 “ひっちゃかめっちゃか” の状態だと思います。

IMG_5270①

IMG_5260①

このカップに入れたシフォンケーキは結構かわいく撮れたかな っと思います。

IMG_5287①

こんな風な入れ物で相手に贈るのも一つのアイデアで、割と喜ばれるかもしれませんね。

IMG_5289①


そんなこんなしているうちに、夜が明けてきました。小鳥がさえずっております。
この時間まで仕事をしていると、逆に眠れなくなるのです。ある人が言うには「脳圧」がかなり上がっていて興奮状態になっているとか。

明日もがんばります。

PS:ここのところ、「マウイとキィウィのしつけ」について書いていないので、又、書き始めようかと思っております。

“シフォンケーキ”

マウイママが久しぶりにシフォンケーキを焼きました。
友達のニコママが食べたいと言う事で焼いたみたいですが、このシフォンケーキとスフレチーズケーキとチョコレートケーキは思い出深いものがあります。
11年前にカフェをやっていたとき、お菓子のいろはの “い” も分からなかったマウイママが必死に作ったケーキです。
さすがに当時苦労しただけあって、ほとんど失敗はありません・・・・・・・・っと思っていたら次の日思いっきり失敗してました。  
技術に溺れて基本を忘れたのでしょうか (笑) 

まぁ、当時と違って何が原因で失敗したかはっきり分かっているので(これは大切な部分です)安心ですが、どうもこの失敗でスイッチが入ったらしく、たて続けにシフォンを作っています。(さすがその後の失敗はありません)

そんなシフォンケーキの写真です。マウイママはあまり生クリームでデコレーションすることは無いのですが、今回はアメリカンチェリーのコンポートを添えて塗ったみたいです。

IMG_5093①

IMG_5134①


シフォンケーキは切り口を見せたほうが写真としてはいい感じが出ます。

IMG_5197①

IMG_5130①

IMG_5138①

このケーキを食べてみましたが、周りに飾り付けてある仁丹(古いな~ 名前もしらね~)見たいなのを噛んだ瞬間「ガリ」と言う音で、「うぉ~~~~歯が取れた~」っと言う感じになりました。結構、青くなります。

何だかんだ言ってこの勢いで作り続けていれば、ここ数日はシフォンケーキ三昧になるでしょう。
食べるほうもがんばります。

“ペットは遠慮願います”

これは、信濃毎日新聞の7月3日付けの朝刊に出ていた記事です。
「ペット持ち込みの自粛を呼び掛ける看板4基を八島ケ原湿原(下諏訪町)に初めて設置した。」との事。

私もマウイを迎えた最初の頃、山登りに連れて行ったり、渓流釣りに連れて行ったりしたら格好がいいだろうな~ と思っていました。しかしながら調べてみると、国立公園・国定公園内への犬連れを禁止にしているところが多い事が分かりました。

1、生態系の破壊を防ぐ為
2、飼い主のマナー違反

この話題は結構議論されていて、上記の2つが全ての理由と言っても良いくらいです。
ここで、どちらが良いとか悪いとかを論ずる気は毛頭ありません。“因みに” と言うことで書くならば、日本の法律に国立公園で犬を禁止する文言はありません。(国立公園内の山小屋で犬を飼っている所もあります)
猟犬は国立公園内に入っているのに家庭犬はダメ、など論拠に乏しいことはあります。
又、犬の糞の放置もそうですが、犬のオシッコが生態系へのダメージが大きいと言われています。

しかし、私は2番の飼い主のマナーが悪いことにがっかりさせられます。
八島ヶ原湿原のケースでも、狭い木道で擦れ違いに支障があったり、糞を放置するなどの問題が表面化してきたために看板設置に至ったとの事です。
これは、国立・国定公園に限ったことではないと思います。糞の後始末をしないが為に、一般の公園が犬連れ禁止になった場所もあります。田んぼのあぜ道(土手)も、平気で糞を放置している人がいますが、田んぼの所有者の人が草をむしっていると糞だらけで不快な気持ちになると聞いたことがあります。

ペットといっしょにいろいろな場所に行きたいと言う事で、最近ではペットOKの宿・カフェ・レストランが増えています。
しかし、犬を飼っている人がマナー違反によって自分で自分の首を絞めている状況を理解しないと、どんどん行ける場所が少なくなってしまうと私は思います。
マナーについては自分自身も含めて、「守らないといけない」 と思うわせてくれる新聞記事でありました。 

“ワンコのしつけトレーニング④”

「夢中である」と言う事

本日は趣を変えて、長野市にあるクラーレさんで行っている集合レッスンの事を書きたいと思います。
私達はずっと東御市にあるワンズカンパニーさんのドッグパークで個別訓練を受けていました。ワンクールが終了するかしないかの時、堀内先生から
「クラーレさんで集合レッスンをやってるよ」
と言われました。
キィウィにとってはまさに “願ったり叶ったり” の状況で訓練が受けられます。二つ返事で
「行きます」
と言っていました。

クラーレさんは屋根付きのドッグランと室内のドッグランがあり、集合レッスンはこのどちらかで行われます。
ここに、10頭以上のワンちゃんが集まって訓練するのですから、キィウィにとっては大変いい勉強になります。なにぶんキィウィは他のワンちゃんに「威嚇・吠える」と言う癖があるので、集合レッスンみたいなシチュエーションはチャンスなのです。

-----------------------------------------------------------------------------
ここで知っていて欲しい事があります。
「集合レッスン」とは、堀内先生に個別レッスンを受けた人たちが集まって訓練することであって、一般に言うところの「集団レッスン」とは少々意味合いが違います。
つまり、堀内先生の教えた事を一通りクリアーしたワンちゃんたちが集まっています。よって、初めてお会いする方々ばかりなのですが、ある程度ワンちゃんの行動に予測がつく中で行っています。
-----------------------------------------------------------------------------

集合レッスンに参加して、初めてお会いした方々と簡単に自己紹介をしました。
うちのキィウィもかなりの “問題児(私達が何十回おやつを持って誤りに行った事か)” と思っていましたが、参加された皆さんのお話を聞くと・・・・・・何と言うか(言葉は悪くて申し訳ないのですが) “兵揃い(つわものぞろい)” と言うか、本当にご苦労された方々の集まりだったのです。
私は、うちのキィウィも含めて、
「堀内先生は “最後の砦” なのか」
と密かに思ってしまったほどです。

何度と無くお怪我をされたラブラドールの「ゴンちゃん」のママさん。
噛みつきがあまりにも酷い(パパさんも何度も噛まれたみたいです)と言うイングリッシュスプリンガースパニエルの「ナズナちゃん」のパパさん。
中学生のお姉ちゃんがおやつをあげようとしたら威嚇したと言うビーグルの「ユズちゃん」のママさん。
                                              などなど

それぞれのワンちゃんが問題を抱え、それでも飼い主の皆さんが気持ちの折れる事無くがんばってレッスンをこなしています。
まさに “一生懸命” と言う言葉がぴったりなくらいです。
集合レッスンの後、クラーレさんのカフェで皆さんとお茶をしていて思うことがあります。
みんな自分のワンちゃんの事で苦労しているけれども “良い顔” をしていると言う事です。
それは何でだろうと考えてみると、ワンちゃんが良くなっていくことに夢中になっているからだと思います。

先に出てきた「ゴンちゃん」のママさんは、集合レッスンの自己紹介の際に涙ぐまれて話をしていました。
「ここまで良くなったのは堀内先生のお陰です」・・・・・ と (涙ぐまれる気持ちは私達にも良く分かります。)
堀内先生の「トレーニングの質の高さ・犬の持っている素質の引き出し方のうまさ」は、このブログでも何度も書かせてもらっています。しかし、飼い主である我々が「自分のワンちゃんが良くなる」と言う事に夢中になれなければ、決して結果は伴わないと思うのです。
トレーナーと飼い主がいっしょに目的に向かって夢中に懸命になって、初めて結果が生まれると思うのです。
マウイにしてもキィウィにしても、どんどんと良くなっていくのを目の当たりにして初めて「トレーニングの成果が出てうれしい」と思うようになり、どんどんとのめり込んでいきました。夢中になったのです。

この事を逆説的に見れば、問題のあるワンちゃんがいたからこそ、こんな経験ができたのかなとも言えます。ある意味、夢中になれることがあることは幸せかもしれません。

本日のお話に “落ち” をつけます。
「できることならば “兵(つわもの)どもが夢の跡” になってくれるといいのですが・・・・・・・・」

(山田く~ん!! 座布団一枚で~す)

お後がよろしいようで・・・・・・・・・

本日は以上

“梅ジャムを使ったケーキの写真”

マウイママのブログにも書きましたが、わたしのお袋が作った梅のジャム<ちょいとお洒落に言うと“プラムコンフィチュール”でしょうか?(笑)>を使ってケーキを作ってくれました。


IMG_5032①

IMG_5050①


タルト生地の中に梅ジャムのクリームが入っており、その上にメレンゲが絞られていました。試作品だったのですが、とても美味しかったです。まだまだ、改良が必要でしょうが、梅のジャム自体が結構「梅らしくない味」に仕上がっていたので、今後が楽しみです。


IMG_5061①

IMG_5063①

又、マウイママがいろいろと開発していくでしょう。納得するまで何度も何度も作るタイプですから “スイッチ” が入ったら続くと思います。


IMG_5066①



プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。