スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“PENTAX 単焦点レンズ”

今週は仕事で週末が無くなったので、過去の写真から単焦点レンズの写真をアップします。

「単焦点レンズ」と言うと、一般的なコンデジ(コンパクトデジカメ)を使っている方、或いはデジイチでレンズキットしか使った事のない方などは “????” と思われるでしょう。

単焦点レンズとは何ぞや?と言うと、焦点距離が一つに決まっているレンズのことを言います。25~30年位前まではこれが当たりまえだったのですが、コンパクトカメラにズーム機能が付いた頃から廃れてきてしまいました。(もう一つはミノルタのαシリーズの出現も大きいですが)
一方、ズームレンズとは何ぞや?と言う疑問が出てきます。
ズームレンズは単焦点レンズの集合体と思えば簡単です。焦点距離を自由に(レンズの焦点距離の範囲内で:例えば28mm~75mmとか)設定できるレンズのことです。

もっと分かりやすく言うと、単焦点レンズでズームと同じことをやろうと思えば、カメラを持って前に後ろにと自分から動かなくてはなりません。ズームレンズだったら同じ場所に止まって同じことができます。

次にこんな疑問が浮かぶでしょう。
「こんな廃れた単焦点レンズを何で使うの?」

はい、そうなんです。こんな不便なレンズをなして使うか?一眼レフのレンズを例にとって説明します(コンデジはあまり画像云々を気にしないので)。
しかし、この答えを導き出すのに 「良いレンズとは何か?」 と言う説明が必要です。

「良いレンズ」の条件はたくさんありますが、説明すると膨大な行数になるので簡単に言うと、
「人間の目で見た通りに写真に写すことのできるレンズ」
と言う事になります。

実は、これが非常に難しいのです。カメラレンズは、筐体(筒状)の中に何枚ものレンズが組み合わせて作られており、入ってきた光(映像)を屈折させてフィルム(デジタルの場合はCCD)に焼き付けます。
この時、写された写真には必ず歪み(収差と言います)が出てきます。(真っ直ぐな柱が歪曲していたりなどです)

単純に言うと、ズームレンズは焦点距離を自由に設定できるのですが、ズーム自体無理がある設計なので収差は大きくなります。
一方、単焦点レンズは設計上無理をしていない分収差が少なくて済みます。(まったく無いわけではありあません)
もう一つ、メリットがあります。
カメラには開放F値と言うのがあります。
F値とは絞りの単位なのですが、一般的に明るいレンズと言う認識でまかり通っています。(詳しく説明すると違うのですが、ここでは省略させてもらいます)
この開放F値が明るいものが、単焦点レンズには多いのです。
F値が明るいとシャッタースピードが稼げたりするのですが、難しい話はここではやめます。

結論は、不便な分メリットも大きいので使っています。

この下の3枚の写真はPENTAX DA 35mm Limited Macro(単焦点レンズ)で撮った写真です。
開放F値は2.8になります。

IMGP1182.jpg

このレンズはマクロなので3cmまで近寄って撮る事ができます。

IMGP1185.jpg

こんな風に、後ろをかなりぼかして写すこともできます。開放F値が明るいと、ぼかす技術が使えます。

IMGP2133.jpg


次は、PENTAX DA 21mm Limited(単焦点レンズ)で写した写真です。
3日前のブログでアップした写真もこのレンズです。
35mmに比べて広角になります。(広い範囲を写せます)

パルコ前の洒落たお店の写真なのですが、正反対の方向から写してみました。
怪しまれるので「パッ」・「サッ」っといい加減に撮って来た割りにブレていません。
ズームレンズだとブレている可能性が高い状況での写真です。


IMGP2325.jpg


IMGP2326.jpg

ご覧の通り、自分で近寄ったり離れたりして写しています。
これがもう一つのメリットで、写真がうまくなる近道でもあります。
頭の中にレンズの画角を想像して額縁を作ります。そこに、どうやって綺麗に格好よく映像を映すかを考えて撮ることによって写真の技術が向上すると言う物です。

デジイチでズームレンズを使われている方は、ズームを35mm付近で固定(動かさずに)して撮る事を心がければうまくなると言われています。
ぜひ、実践してみてください。
スポンサーサイト

“写真家の紹介”

以前、このブログで 「一日一鉄」 と言う鉄道写真家の中井精也氏のブログを紹介しました。
このブログは、鉄道写真と言う枠にとらわれない構図と文章が、鉄道や写真にあまり興味のない方でも見ていて楽しいと思って載せました。

第二段です。
PENTAXのK-7を購入しようと思って、いわゆる“ムック本”と言うのを買ったその本に、今日紹介する写真家の写真が出ていました。
カナダの田舎の風景や、ニューヨークの街角の風景など、“格好良い” 写真が載っていました。街角を格好良く撮りたいと思っている私にとって、引き付けられる物がありました。
それが、
「吉村 和敏」
と言う写真家です。
この吉村氏は、20数年前に勤めていた印刷会社をやめてカナダに渡り写真を撮っていました。そして、その一年後に写真家としてデビューします。
何より驚いたのは、出身が長野県松本市なのです。

皆さんも一度は海外旅行の雑誌などで、吉村氏の写真を目にしていると思います。

吉村氏のブログ
写真家・吉村和敏のブログ

吉村氏の作品を見られるギャラリー
FUJI FILM MUSEUM Photo Artist Gallery 吉村 和敏

ね、格好いいでしょ。

同郷の人ががんばっていると、元気が出てきます。
今後も活躍して良い写真をたくさん見せて欲しいと思います。


“街はクリスマスムードです”

街はどんどんとクリスマスの雰囲気になってきました。と言う事は、今年もあと一ヶ月になってしまいました。本当に早いですね。

カメラレンズで試したかった一本があったので、夜のクリスマスの飾りを写してきました。
PENTAX DA21 Limited と言う単焦点レンズです。
開放値がF3.2と言う単焦点レンズにしては若干暗いレンズなんですが、収差が少なく、逆光、ライトの光に強いと言う利点がありあます。


パルコの入り口の飾りです。

IMGP2322①


水曜日によく行く 「ターリーズ」 の熊さんもクリスマスの雰囲気をかもし出しています。


IMGP0056.jpg


絞りをF5.6くらいまでもっていくと「キレ」のある映像になる事が分かりました。

なかなか使えるレンズです。

“偶然お会いしました”

3連休の真ん中の日に親戚の集まりがあったので、ワン達を何処にも連れて行けませんでした。そこで、昨日、3連休最後の日にマウイとキィウィを連れてクラーレさんへ行ってきました。
クラーレさんのドッグランで遊ばせて帰りに、「わちゃわちゃワンコのオフ会BBS」のアロママさんから教えていただいたケーキ屋さんでケーキを買って帰ろうと計画しました。

我が家では長野方面に向かう際、筑北パーキングエリアがワン達のトイレ休憩の場所になります。
駐車スペースに止まると、隣に大きなアメ車(多分シボレーのサバーバン?)が止まっていました。

「でっかいな~」 

と思って、マウイをゲージから出していると、なんとこのシボレーのバックドアからゴールデンが現れたじゃありませんか。 
めったにゴルちゃんに会うこともないので、ご家族の皆さんとお話させてもらいました。とてもフレンドリーなご家族だったので、時間も忘れていろんなことを話しました。
いつも思うことですが、ワンちゃんが家族にいると「楽しいこと」や「苦労なこと」など共感できることがたくさんあります。特に同じ犬種だと 「家も同じだ~」 てな感じです。(笑)
イブちゃんと言う男の子で、キィウィと同じ歳です。なんと、12月24日生まれ。目がとても優しいゴルちゃんでした。 
あまりの楽しさに、写真を撮ることも忘れてしまいました。
イブちゃんのご家族の皆さん、本当に楽しい時間をありがとうございました。

イブちゃんのご主人さんから「長野市は今日“えびす講”だから混みますよ」と教えてもらいました。そこで、ケーキはキャンセル、クラーレさんで遊ぶだけで帰る事にしました。

クラーレさんでは、ケーキ屋さんを紹介してくれたアロパパ・ママさんとお会いすることができました。
アロパパ・ママさんとはメールの交換をしただけで、お会いした事はなかったのです。オフ会でもお会いできなかったので、いつかお会いしましょうと言っていました。念願が叶いました。

昨日は2つの偶然が重なって、とてもいい日になりました。

悔やまれるのは、写真が一枚も無かったことです。
えびす講の花火も見ることができたのですが、結局写真は撮らず仕舞いでした。

“豚の角煮(ラフテ~を作る)2日目”

らふて~の続きです。

<準備>
1日目の下茹での際に出たラードのかたまりを取り除き捨てます。

<二日目:味付け>
醤油、ざら目、焼酎(安くても大丈夫です)、みりん、かつおだし(できれば市販のダシ袋を使って煮出してください)、塩、下ゆでの煮汁、を適度に合わせます。
「適度」と言うのは、辛めにしたいときは醤油、塩を多めにして、甘目が良い場合は、ざら目を多く入れるなど、ご自身の好きな味にしてください。

一応の目安として、
醤油・・・・・・200cc
ざら目・・・・・100g(追加で後で足す)
焼酎・・・・・・150cc
みりん・・・・・100cc
かつおだし・・300cc
塩・・・・・・・・適量(味をみて入れます)
下茹での煮汁・・・300cc

上の調味料を合わせたら、一度煮立たせます(この時豚肉は入れません)。そこで味を確認して、好みの味に仕上げてください。(煮汁を少し冷まして置いてください)
コツは若干味が強いくらいで丁度良いです。

下ゆでにしたブロック肉を約2cm巾に切り分けます。
これを、下の写真のように入れて煮込んでいきます。

SANY1084.jpg

煮汁が完全に温まったら、下の写真のように落し蓋をして2時間煮ます。
ポイントは一つ、「絶対に煮立たせないこと」です。弱火でじっくりじっくりと煮ていくことです。


SANY1086.jpg

煮上がったら鍋で粗熱をとります。そして、肉だけ取り出して冷蔵庫に入れて休ませてください。この段階で肉はかなりやわらかくなっているので、うまく取り出してください。
冷めてラードが浮いたら捨ててください。
二日目はこれで終了です。


<3日目:味付け>
既に食べることはできますが、さらにもう一段脂身の脂を抜くため1時間弱火で煮ます。
これで、完全に脂身から脂が抜けて、食べても「しつこくない状態」になります。
下の写真は、完全に脂身から脂が抜けた状態です。


SANY1088.jpg


食べ方は、この煮汁を水溶き片栗粉でとろみを付けて温めた肉にかけて食べます。
又、饅頭の生地を作って肉を挟んで蒸かしても美味しい角煮饅頭が食べられます。
お好きな食べ方でどうぞ。

以上、らふて~風豚の角煮でした。

“豚の角煮(ラフテ~を作る)1日目”

久しぶりに “豚の角煮(ラフテ~風)” を作り始めました。
ラフテーは皆さんご存知と思いますが、沖縄の豚料理です。
なぜ “ラフテ~風” かと言うと、泡盛を使わない、八角を入れない、皮付きの豚肉ではない、など正確な製法ではありません。
特に八角の香りは好き嫌いがはっきり分かれます。

私は嫌いです。だから入れません。

だったら普通に角煮を作れば良いのですが、ラフテ~はとても柔らかく作ることができます。そこで、ラフテ~の製法だけ真似てみました。


<一日目:下茹でです。>

鍋に豚のばら肉のブロックを脂肪部分を下にして入れます。ニンニクひと株、しょうが二塊り、ねぎ(青い部分)4~5本、そして日本酒を入れます。
この下茹ででは、ニンニク・生姜・日本酒の分量よりも茹で方の方に神経を使います。
ポイントは、「絶対に沸騰させない」事です。沸騰させた時点で、その豚バラブロックは硬い食べ物になってしまいます。
茹で時間は約2時間です。
コツとしては、最初からコンロの弱火でスタートすることです。じっくりじっくり茹で上げていきます。

この写真は水を張ったところです。

SANY1079.jpg

茹でている間に浮き上がってくる油とアクは小まめに取る様にします。

下の写真が2時間茹でた状態です。
肉に串をいいれたとき、殆ど力を入れなくても 「スッ」 と入る状態になりました。

SANY1083.jpg

このままの状態で1日置きます。

二日目は醤油タレで煮込みます。

乞うご期待です。

“晴れた日にリベンジ”

写真を撮りに行くときいつも曇りの日だったので、先日の晴れた日に「秋の日」を写してきました。

場所は松本市のアルプス公園です。ここ数年に亘って、この公園も拡張工事がなされました。その為、県外からも観光客が訪れるうようになりました。



IMGP2023①


非常に “ベタ” な一枚です。

IMGP2044②


も一枚、やはり “ベタ” ですね。

IMGP2056③


私には説明できませんが、木の種類が違うのか、或いは植えられている場所の違いか、一部が赤く紅葉し一部が青いままです。
そのコントラストがおもしろかったので一枚頂きました。

IMGP2076⑤


やっぱり、曇りの日より晴れた日の方が紅葉もきれいに写せます。

これが、今年最後の紅葉の写真でしょう。

“最近凄いと思った人”

私の好きなテレビに 「世界を変える100人の日本人」 と言うテレビ東京系列の番組があります。ここで最近久しぶりに “すげー” と思った人がいました。

「宮脇 昭」

と言う人です。

「宮脇方式」と言う独自の考え方(後述します)で森を再生する -ある意味 「マジシャン」- とも呼べる博士です。

最近、カメラで紅葉の景色ばかりを追いかけていたので気が付いたことがあります。
「松本市付近の山々は豊かな植生をしている」と言う事です。

話は飛びますが、平成7年に長野県北部(旧豊野町・白馬村)で発生した集中豪雨にによる土石流災害も、計画植林による事が一つの原因と言われています。
再三に亘るスキー場などの開発・護岸工事などで山肌を削ったその跡地に植林をするのはいいのですが、針葉樹ばかりを植えたことで「山の耐水性」が失われて集中豪雨などの時に土石流を発生させます。尚且つ、この植えた木が流されて橋などに引っかかり 「ダム」 となって被害を拡大させてします。
いまだにこの様な災害が発生すると、「砂防堰堤が必要」 「護岸工事が必要」 とコンクリートで固める発想をします。しかし、近年のゲリラ豪雨などを考えると、ある程度自然を改良する方法しかないのでは っと思ってしまいます。コンクリートで山肌を塗り固めるのには限界があると言う事です。

そこで、その時聞き及んだのが 「山の再生」 です。
私などは単純に 「広葉樹林だけを植えれば広く根が張って山肌を固めてくれる」 と思っていました。しかし、豊かな山を作るのには、広葉樹と針葉樹がバランス良く植えてある環境が大事だと言うことが分かりました。
ところが、この 「山の再生」 には致命的な問題点があります。広葉樹が大きく根を張るには「何百年」も時間がかかるのです。

回りくどくなりましたが、ここで登場するのが宮脇博士です。
「宮脇方式」とは、その土地土地に自生してきた木の種類を探し、苗を育て、これを自生していた場所に植える、と言った単純な事なのです。が、しかし、この方式が驚くべきことに 「森の再生に数百年かかる」 ところを 「数十年」 と言う単位で成功してしまったのです。
雑草学の研究をしていた博士が、ドイツに渡って学んだことが 「潜在自然植生」 と言う理論でした。
博士は帰国後に日本中を歩き回って植生の調査を行っています。そして、国内外で1700ヶ所の森の再生に成功しています。

私が-ある意味 「マジシャン」-と言った理由が分かってもらえたでしょうか。
自然の力と言うのは人知の想像をはるかに超えた物があって、極めて単純な方法や形ほど有効に機能するのかもしれません。
そこに気が付く人は本当に一握りの人かもしれませんが、その一握りの人達がもしかしたら環境問題を解決していくのかもしれません。

“近くの森へ行ってきました。”

ブログネタが無いので、またまた紅葉を撮りに近くにある “あがたの森公園” に行ってきました。
ここは 「旧制松本高等学校」(今の信州大学の前身) の跡地で公園になっています。
 
「いかにも」と言う感じの古い校舎の本館には中庭があり、ここに大きなイチョウの木が植えられています。中庭の植え込みも実に洒落た感じで、昔の人たちの方が感性が豊かだったのかもしれない っと思ってしまいます。


IMGP1826.jpg


IMGP1835.jpg


本館の脇には記念館があり、喫茶店でコーヒーなどが飲めます。
街灯のレトロな感じが、この雰囲気にとても似合っています。


IMGP1840.jpg



IMGP1841.jpg


今日は若干写真の枚数が多いですが、ご勘弁ください。


IMGP1848.jpg


IMGP1865.jpg



IMGP1872.jpg


写真を撮ろうと思うといつも曇り空です。
今日も、写真を撮っている最中に天候が一気に崩れました。風がとても寒く、耳が痛かったです。
本日と明日は、寒気団が入ってくるみたいです。
お気をつけ下さい。
プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。