スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“幻のパスタ:ヴォイエロ”

先日ブログでも書きましたが、2つのメーカーのパスタをネットで取り寄せました。

今日は、その内の一つ「ヴォイエロ」を紹介します。
このヴォイエロは、1879年にナポリで誕生し、当時上流階級しか食べることが出来なかったので、幻のパスタと呼ばれていました。スパゲッティ品質比較テストでも「最高級」と言う評価を受けています。
現在はバリラの傘下に入り、そこそこに流通しています。

ヴォイエロは、以前ブログで書いた「ルヴィド」になります。(ブロンズダイスを使った表面がザラザラしたパスタ)
今回購入したのは、No,111リングイーネとNo,102フェデリーニです。
このパスタで、先日作ったトマトソースとペペロンチーノを作りました。 


IMGP4873.JPG①


IMGP4879.JPG①


まずは、リングイーネをトマトソースで絡めて食べてみました。
ヴォイエロのリングイネは、他のパスタと比べて若干細めになります。しかし、ルヴィドの為かソースがしっかりと絡み、食べていて味がしっかり伝わってきます。

我が家では評価は2つに割れました。これもルヴィドのためなのですが、少しモッサリした感じになります。ラ・モリサーナのリングイネ(これは表面がツルツルしたリッシェになります)の方が美味しく感じると言う感想でした。
私は割りと好きな感じです。


IMGP2007.JPG①



次に、フェデリーニ(1.4mmの太さです)でアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーニを作りました。
やはりルヴィドの為、パスタにソースがよく絡みます。
感想から言うと、麺の味がしっかり出ていて「麺を食う」と言う感じでした。



IMGP2375.JPG①



このヴォイエロに関しては、モッサリ感はさておき、やはり評価の高いパスタで「美味しい」と言う事が分かりました。

とにかく、いろいろなメーカーのパスタを食べてみないと、何が一番自分にあっているかが分かりません。そんなことを考えると、インターネットで物が買えると言うことは、とても便利だと思います。

明日以降ですが、もう一つのメーカーのパスタを食べてみたいと思います。

スポンサーサイト

“マウイお誕生日おめでとう。”

マウイママのブログで書いてありましたが、4月20日はマウイの6歳の誕生日でした。

感覚的には、もう何十年もいっしょに居るみたいです。

毎年毎年、書くことはいっしょです。

いつまでも元気で長生きしてくれれば、それだけで十分です。

この一年は本当にマウイも頑張りました。親バカで申し訳ありませんが、ますます素晴らしいワンコのなっています。

嬉しい限りです。

Maui誕生日


maui誕生日1


maui誕生日2


IMGP4824.JPG①


IMGP4858.JPG①



みんなで楽しい一年にしようね。

“Salsa di Pomodoro:トマトソース”

昨日、基本中の基本のソース「トマトソース」を作りました。
明日か明後日のブログで紹介しようと思うのですが、二つのメーカーのパスタを購入したので合わせてみたいと思ったからです。

いろいろ作り方はあるのですが、このソースは覚えていただくと割と早くできますし(何時間も煮込むものではありません)、これをベースに違うソースにも使うことができます。


↓ これが使用する部材です。
トマトの水煮缶、フレッシュトマト、玉ねぎ、エシャロット、ニンニク、です。

IMGP4863.JPG①

イタリアンの巨匠と言われているお方は、「トマトソースは断然トマトの水煮缶をよしとします」なんて言っていますが、最近のフレッシュトマトはとても甘みがあるので、これを使わない手はありません。

トマトは決して高い物を買ってこなくても大丈夫です。農産物販売所などで安く売っている時に大量に買っておいてもいいし、自分のお庭で作ったトマトでもかまいません。
熟すまで少し待てばいいのです。


↓ エシャロットと玉ねぎです。

IMGP4865.JPG①

エシャロットが近くのスーパーやデパートで購入できるならぜひ買って使って下さい。私の住んでいる場所の周りのスーパーなどでは取り扱っていません。注文で取り寄せてもらうと結構高いので(一般的にエシャロットは高いです)、インターネットで購入しています。私の利用しているお店のURLを入れておきます。

I・G・Sネットショップ

数年前にエシャロットを買おうと思うと「エシャレット」と言うラッキョウが売っていました。これは全然違う物です。
インターネットで「エシャロット」と検索すると、未だに「ラッキョウ」の写真がヒットする事が多いのです。
一説には、エシャロットが手に入らなかった時代にエシャレットで代用していたとの事。それが今の混乱につながっているらしいのですが定かではありません。
もし、購入するならしっかり見て買ってください。
玉ねぎに比べて値段は4~5倍程度高いのですが、そんなに使う量は多くありませんし、何より香りが素晴らしいので可能ならば手に入れてください。(無い場合は玉ねぎだけでもいいです)


↓ トマトは湯むきをして皮剥ぎヘタを取ります。それを、胴の部分で半分に割り、種の部分をティースプーンでかき出してください。(種の部分に酸味があります)そして、適当な大きさに切ります。

IMGP4866.JPG①


↓ 玉ねぎとエシャロットはみじん切りにします。

IMGP4870.JPG①


↓ 手順は簡単です。
① オリーブオイルで玉ねぎを炒めます。昔は「アメ色になるまで炒めて甘みを出す」っとありましたが、最近はオリーブオイルの中で“素揚げ”をする感じで炒めていきます。色は少し水気が無くなってクリーム色くらいになったらOKです。炒める時に塩を一つまみ入れてください。

② 次にエシャロットを入れます。生のエシャロットはそんなに香りがしませんが、熱を加えると素晴らしい香りがしてきます。そこまで炒めて下さい。

③ ニンニクを入れて炒める。ニンニクは香りがたてばいいので、数分間(火が通る程度)でいいです。

④ フレッシュトマトのカットしたものと、トマトの水煮缶を入れます。

⑤ 水気を飛ばして若干煮詰まる程度で大丈夫です。時間からすると10分~15分程度になります。(水気が多い場合は時間が少しかかります。
酸味を飛ばして、甘みを引き出す感じでやってください。


↓ 完成

IMGP4872.JPG①

写真では分かりにくいのですが、この中にはフレッシュトマトがまだゴロゴロしています。
フレッシュな感じで食べるソースなので、出来たてでも十分美味しいです。(1日置いて少し馴染んでから食べても美味しいです)
お好みでパルメジャーノチーズを降りかけても良いです。



<トマトソース4人前>
トマト:2個(少し大きめ)
水煮缶:1缶
玉ねぎ:1/2~1/3個
エシャロット:1/2
ニンニク:2かけら
塩・胡椒:少々(この段階での塩は抑え気味にする。パスタのソースとしてフライパンにとった時、塩分を足す)
パルメジャーノチーズ:少々

あっさりしたパスタソースです。この他、これをベースにミートソースなどが出来ますし、フランスパンにのせてブルスケッタとして食べてもいいと思います。
ぜひ、挑戦してみてください。

“春の花たち part2”

昨日のブログで書いたとおり、我が家の周りの田んぼの土手&近所に咲いていた花です。

花の名前は相変わらず分かりません。
タンポポとオオイヌノスグリくらいです。


<全ての写真はクリックすると大きくなります>

これは、近所の川に咲いていた花です。

IMGP4776.JPG①



そして下の写真が、オオイヌノスグリだそうです。

IMGP4769.JPG①



下の花の名前は分かりませんが、土手に大量に咲いています。

IMGP4772.JPG①



土手の中でもタンポポはとてもきれいに見えます。グリーンの中に黄色の花がぽつぽつと咲いているのがいいですね。

IMGP4766.JPG①


余談になります。タンポポの根を切って乾燥させて空炒りします。それを磨り潰して淹れるとタンポポコーヒーになりますが、結構コーヒーの味に近くてびっくりします。これをカフェで出しているお店もありますね。
戦後、コーヒーが手に入らなかった時、喫茶店で出していたそうです。

こう言う花を見ていると、本当に春が来たんだなぁと実感します。
しかし、ここ数日は真冬の天気ですね。

皆さん風邪にお気をつけ下さい。

“春の花たち part1”

春の花と言うと「桜」にばかり目が行きますが、さまざまな花たちが咲き誇っています。

今回は2日間に分けて、花の写真を載せます。

一枚目は桜ですが、松本市を東西に流れている「薄川」の土手に咲いています。ここの河川敷はお花見のメッカと言える場所で、桜の季節は大渋滞になります。
桜を撮りたい目的もあったのですが、ここから見える「常念岳」を写したかったのです。

松本平や安曇野平の住人にとっては、小さい頃から見ている馴染みの山です。

<全ての写真はクリックすると大きくなります>


IMGP4748.JPG①

お恥ずかしい話、春の花を写している割に、わたしは花の名前を知りません。
まぁ、きれいと言う事だけでご勘弁下さい。

この写真を見て、花の名前を知っている方は教えてください。(苦笑)

IMGP4760.JPG①

家内の母親が花が大好きで、毎年自宅の前は花壇でいっぱいになります。
今年初めての花壇の花です。

黄色のきれいな花だったので写しました。

IMGP4785.JPG①

明日は、近所の田んぼの土手に咲き始めた花を載せていきます。

“御柱”

先日の「下社:木落とし」を見て、久しぶりに感動しました。

木落とし坂を整備した事、草の生え方が良かった事、元綱のコントロールがうまかった事、綱を切るタイミングが良かった事等、いろいろな好条件が重なったにしても、今回の様に「華乗り」が最後まで落ちないで柱の上にいることは珍しいからです。
でも、どの御柱の「華乗り」も頑張りました。

このブログでも何度か書いていますが、私のルーツは諏訪になります。生まれてからは安曇野市・松本市と中信地方に住んでいます。
県民性と言う言葉がありますが、同様に地域性と言うものがあって、どうも諏訪地方は独特な地域性を持っていると私は思います。
それでも、この地域は「御柱」で一つにまとまります。「御柱」があるのでみんな誇りを持って暮らしています。



話は変わりますが、数年前に行われた「平成の市町村大合併」で決定的に失われたものがある、と専門家は言います。
それが「地域間コミュニケーション」です。
地域の行事やコミュニティとして機能していた役場などが出張所になるなど、地域性が希薄になったと言うのです。



奇しくもと言うか、皮肉と言うか、「御柱」があるこの地域(諏訪湖を中心に市や町があります)での市町村合併はありませんでした。
社会学的に言うならば、行政と言う区分でまとめなくとも、慣習と言う部分でまとまっている地域なのでしょう。

私自身も諏訪と言うルーツに誇りを持つのも、「御柱」と言うお祭りがあるからでしょうか。
5月には「里曳き」が始まります。だれでも楽しむ事ができます。ぜひ、一度諏訪に遊びに行って見てください。


PS:今日のニュースで、千曲市の古大穴神社の建て御柱で、氏子の方が亡くなったと言っていました。ご冥福をお祈りしたいと思います。

“コンタクトレンズ”

まぁ、この歳になってと思うのですが、先週の水曜日にコンタクトレンズに挑戦(?)してきまして、金曜日に装着してきました。

一番の理由は、今まで遠近両用のメガネをかけていたのですが、雨の日の運転など左右方向(0度・180度方向)の画像がにじんでしまうのです。いつも「怖いな~」と思っていたのですが、コンタクトにする勇気(ガラスを目に入れる恐怖心です)が無かったので延ばし延ばしにしていました。

中学時代、目が疲れるのでお医者さんで見てもらうことにしました。そうしたら、両眼ともに2.0以上の視力があって、いわゆる「遠視」と言う事でした。これでメガネを作ることにしました。

しかし、働くようになってパソコンを多用した処、右眼0.6.左眼0.5、加えて遺伝による乱視が出てきてしまいました。
挙句の果てに、30代後半で「老眼」になってしまう始末。
眼鏡は遠近両用+老眼を作り、老眼に至っては友達がかけると立ちくらみがするほど強い度数になっていました。

コンタクトにした理由は、上に書いたとおり自動車の運転が危険っと言う事もあったのですが、もう一つの理由が、先日行った軽井沢の写真を見た時です。
マウイママが撮った私とマウイの写真を見てビックリしました。

「この人、どこの おっさん ですか???」

と言う感じで写っていました。

特に眼鏡が“おっさんぽい”良い味を出しているんです。

これで、コンタクトレンズに決定しました。(苦笑)


現在、コンタクトに慣れるために涙を流しながらはめております。

若く見られるために苦手意識を克服しました・・・・・・・・・・って、あまり威張れませんけどね。(苦笑)

“百花繚乱”

本日は、この前ブログで書いた「兎川寺」の枝垂れ桜の「夜桜バージョン」です。(しつこくて申し訳ありません)


昨日~今日で満開になりました。夜はライトアップされていつので、これを写してきました。夜は夜でとても幻想的な感じがします。桜の花が浮かび上がって見えます。
そう言えば、以前「ニュースステーション」で夜桜中継をやっていました。とても綺麗だった印象があります。


<全ての写真はクリックすれば大きくなります>


IMGP4516.JPG①



IMGP4498.JPG①



IMGP4636.JPG①



IMGP4553.JPG①



IMGP4598.JPG①


IMGP4513.JPG①


先日のブログのコメントで、トレーナーの堀内先生が「枝垂れ桜」の情報を教えてくれました。

桜の中に「重力に反して成長する遺伝子に欠陥がある」ものがあるらしいのです。つまり、普通の桜は重力に逆らって、枝を上にあるいは横に伸ばします。枝垂れ桜は重力に逆らえないので枝が垂れると言う原理らしいのです。

まったく違った種類の桜だと思っていたので、勉強になりました。


この枝垂れ桜は、後数日で散ってしまうでしょう。でも、まだまだ本番が待っています。

"おまっと~さんでございました。"

みなさん、本当に良い季節になってきました。
今日は、私も待ちに待った「桜」の花の写真でございます。

日本人って桜が大好きですね。
「パッ」と咲いて「パッ」と散る、人生のはかなさが凝縮されているからでしょうか?

一休さんが読んだ歌
「門松は冥土の旅の一里塚、めでたくもありめでたくもなし」
と同じで、はかなさの裏のお祭り騒ぎを表してくれる花なのでしょう。

そして、春の力強さを象徴してくれる花だからでしょう。

何はともあれ、私も桜の花を見ると浮かれてしまいます。


今日の写真は、私の家からほど近い「兎川寺:とがわじ」のしだれ桜です。毎年ここの桜は見に行きます。
このお寺も歴史が古く、武田信玄が必勝祈願に訪れたこともあるとか。
まだまだ、6~7分咲きですので、ぜひお越しください。


<クリックすると大きく見る事ができます>

IMGP4481①


IMGP4468①


IMGP4451①


IMGP4474①


IMGP4477①


今日は、空も抜けるような青さでした。


そういえば、「御柱祭り」が始まりました。
諏訪のルーツがある私も「血が騒ぎ」ます。
今年は里引きにでも参加しましょうか。


本当に良い季節です。

"生まれて初めて・・・・・・"

マウイママのブログにも書きましたが、軽井沢にお泊り旅行に行って来ました。
この歳になって、生まれて初めて軽井沢に泊まりました。
よく考えると、一家だけでのお泊りも初めてでした。


マウイママのブログ写真とダブってしまうかもしれませんが、私のカメラで写した写真を載せますね。


まず、コテージのテラスでの写真です。多分、このテラスを使うのは5月くらい(虫もいないし寒くも無い)がベストだと思います。


IMGP4327.JPG①


もう、我慢ができないマウイです。テラスから出たくて出たくてたまらない様子でした。

IMGP4332.JPG①


マウイママとキィウィが、ドックランに行くひとコマです。こんな感じに、ログのコテージが何棟も建っていて、その間に道があります。車が入れないので、ポーターが電気自動車で案内してくれます。

IMGP4344.JPG①



キィウィは、相変わらずはしゃいで大変です。今年4歳になるのにドックランでは元気で走り回っています。

IMGP4348.JPG①


マウイさん、マウイさん、なめてかかるとキィウィにシッペ返しをもらいますよ!!

IMGP4392.JPG①


それ見ろ、言わんこっちゃ無い。
なんだ、その情けない顔は!!
父ちゃんはシャッターチャンスを逃さないぞ。

IMGP4425.JPG①


3月がとても忙しかったので、ゆっくり休めた一日でした。
マウイさん・キィウィさん、楽しかったから、またみんなで行きましょうね。

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。