スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“山岳都市 松本”

先日のブログ “ふっ と思ったこと” を広げて書いていきたいと思います。

本日は、山岳都市です。

松本市は、北アルプスや上高地へ行くための要所であり、ここから大糸線に乗り換えて登山家は山へ向かい

ました。

30年近く前、登山家は新宿発の深夜急行(特急ではありません)に乗って松本駅に早朝到着するように 来ま

す。

そこからタクシーで登山口に行く人もあれば、大糸線の始発に乗って常念岳、白馬三山へ、向かう人もいまし

た。

私が若い頃もまだこの手の列車が走っていました。そして、乗り合わせたこともありました。


急行と言っても、車両は中央線や大糸線の各駅停車に使われていた4人かけのボックス席があるもので、

今では「荷物棚」と言うとパイプやアクリル板が使われていますが、昔は網(ネット)が使われていました。

だから「網棚」と呼ばれていました。登山家は、ザック(リュック)を逆に座席に置いて、網棚をハンモック代わり

に使い、そこに寝ている人もいました。

車内と言えば、タバコの煙と匂い、ビールや日本酒の匂い、それにおつまみのイカや柿の種の匂いが混ざり

あって、今では考えられない状況でした。(それに車内はイビキが凄かったです:笑)

確かに、健康には悪かったと今では思いますが、とても懐かしい思い出です。

山から戻ってきた登山家も悲惨でした。風呂に数日間入っていないために、山小屋から南京虫やダニなどをお

土産に持って帰ってきます。(山小屋の方の名誉のために書きますが、皆さん一生懸命掃除をされています

し、現在では虫は殆どいません)

松本市内でも結構有名な喫茶店でバイトしていた私も、登山家が頻繁に来たこの時期だけは結構虫に噛まれ

ていましたね。(本当に痒いんです)

まぁ、これもご愛嬌でしたが。なんだかんだ言って、そういう私も登山家になっていました。



実は、ここ20年くらいで登山客が徐々に減って、目に見えて少なくなった っと感じていました。しかし、昨年

から今年にかけて「ヤマガール」なる女性の登山客が増えてきました。そうです、アウトドアに女性らしいお洒

落なファッションを持ち込んで山に行く人が増えてきたのです。これは、本当にうれしい現象です。ブームと言

うのは、やはり女性が創るんでしょうか?



ここで、松本市に人が訪れてもらうようになる為、私の考えを書きます。

松本近辺に、3~5本のトレッキングコースを作ります。近隣の市とも協力して、起伏に富んで歩いていて楽し

いトレッキングコース(ショートコース~ロングコース)を作る。そのトレッキングコースの途中に温泉があれば

一番いいでしょう。特に美鈴湖付近は開発の余地があると思います。

そこに、中期~長期滞在できるための簡易宿泊施設があれば非常に良いと思います。例えばB&Bのような

宿泊施設です。(苦境にあえいでいる温泉旅館を改装してもいいでしょう)

簡易宿泊施設は、外国からの客を呼ぶためです。日本の宿泊施設は高いと言うイメージがあるでしょう。


山を登っていた登山家が高齢になってからも、自然と触れ合える場所を求めるとなると、トレッキングコースな

どのライトな登山が良いと思います。又、ヤマガールなども同様にライトなほうが喜ばれるでしょう。



この時代、松本市として或いは長野県としてやるべきことは沢山あるように思えます。その様に思えて仕方ありません。


スポンサーサイト

“ふっ と思ったこと”

20数年前ですが、私が大学生だった頃あまり勉強もしてなかった中で、唯一と言っていいくらい印象に残って

いる授業がありました。

「社会学」と言う学科です。

非常に抽象的な(と言うより漠然とした)学科でした。やることも社会に関する事全てと言ってもいい感じで、

かなり範囲が広い学科でした。その中で「街は生きている」と言う授業を受けたことがあります。

街は進化しており、計画的に造成していかなくては、街として機能しない・・・・・・・・・・簡単に書くとこ

んな感じです。計画的にと言う処が“ミソ”で、ここに様々な要因が関わってきます。

まぁ 小難しい事はさておいて、私が住んでいる松本市について今と昔を比べたいと思います。



私は小さい頃、松本市の隣町に住んでいました。小さいときですから、松本市がとても都会的で楽しい場所の

イメージがありました。その頃の松本市はとても元気で活気に溢れていた感じでした。

山岳都市として登山家が集う街、

喫茶店が多くあり、そこにクラッシクが流れている街、

映画館の多い街、

などなど・・・・・・とにかく夢のある街でした。



当然、現在の松本市は進化し、街は区画整理によって綺麗になり、ある意味機能的になったと思います。

しかし、夢のある街創りができたのか? は疑問です。

そして、松本市が一番失ってしまったものは何か? を考えます。

それは、私が個人的に考えるに「街のぬくもり」ではないかと思います。(抽象的な言い回しでごめんなさい)

建物が新しくなったり、通りが綺麗になったり、と言う物理的な事とは真逆に位置する部分でしょう。それを無

くしてしまったのかもしれません。

私が昔を懐かしんで言っているのかもしれませんが、現代人が今一番必要としている“癒し”としての「ぬく

もり」が、今の松本市からはあまり感じられないのです。



もし「ぬくもり」を感じる事ができる街ができたら、多分、多くの人がこの街を訪れるでしょう。有名女優が

CMで出てこなくても、リニアが通らなくても訪れる人はおのずと増えると思います。

「進化する街」として私が提案するとすれば、都会を見て都会を追いかけるよりも、田舎を見て田舎を突き詰め

た方が楽しい街になると思うのですが。


これはあくまでも、私の個人的意見です。


“1日1マウ、1キィ”

今日は、キィウィの番です。

キィウィは家の周りの散歩道に出ると、これ以上無いくらいに緊張します。小さいときのトラウマなのか分かり

ませんが、この散歩道で“犬嫌い”になったのは確かです。

それを克服すべく堀内先生のトレーニングを始めました。妊娠前にかみさんがキィウィを担当していた時もそう

でしたが、キィウィの一番の特長である「集中力」を上手く引き出すのが一番だと思いました。

最近は、前に比べてキィウィ自身が自分でコントロールする事ができるようになりました。



そんな、キィウィの朝のひと時をどうぞ。



出発前の“おきまり”と言う事で・・・・・・・


SANY1366①


いつも、こんなにニコニコさんです。散歩が楽しくて仕方ないみたいです。

SANY1369①


しかし、ちょっと小うるさい事を言うと、プライドが傷つくらしく怒ります。

SANY1368①


毎日、こんな風にお散歩に行っています。

今の課題は、私自身がキィウィを集中させる為の“スイッチ”をすぐに入れられるようにすることです。

スイッチが入らずに心のスキを見せると、キィウィはいつも私の事を見ていて違うことに集中力しはじめるので、

ここが頑張りどころです。

“1日1マウ、1キィ”

今朝の散歩の写真です。今日はマウイの散歩をお届けします。



マウイママに

「カメラ持って歩くようになったら余裕だね~~~」

っと、言われました。余裕があるわけでは無いのですが、最近、あまりガチガチでコマンドを使って散歩をして

いるのではないので、少し遊ぶようになりました。  

今日は、「ゴールデンレトリーバーのブログ村 風」と言うか「水曜どうでしょう!! 風」と言うか、まぁ、そ

んな感じで作りました。




オシッコとウ○チを済ませて準備万端のマウイさんです。


SANY1364①


最近は、ホーリー先生のところの「サマーちゃん」と同じように、コマンドを勝手に解除してしまう「解除犬」に

なっているマウイです。(笑)

年齢も年齢なので、あまりうるさい事は言わずに、楽しく散歩するように心がけて散歩するようにしています。

ところが、ちょっと甘い顔をすると、下の写真のように「我がままマウイ」に変身します。

ある曲がり角に差し掛かると、「もっとお散歩したいです」っと言わんばかりに、私の行く方向と反対に伏せを

して抵抗します。


SANY1365①


わたしは、「ダメ!! キィウィが待っているから(次の散歩の順番)帰るよ!!」

と言うのですが、そんな事お構いなしです。必死で抵抗します。

結局、わたしが根負けして遠回りのコースを散歩する羽目になります。

さっきも書きましたが、年齢が年齢なので、自分で「歩きたい」と言う時はマウイの行動を尊重して、できるだけ

歩かせようとしています。歩かせた方が健康に良いと思いますので。

顔が真っ白になってきたマウイですが、まだまだ元気でヤンチャです。

明日の朝もこんなやり取りで歩いていると思います。



明日はキィウィの様子を書きます。



“1日1鉄ならぬ、1日1マウ、1キィ、”

ここのところ、マウイとキィウィの散歩を私がしているので、その都度散歩などで気になったところ、成長したところを書いていこうかと思います。

まぁ、1日1鉄の様に1日1回のブログは難しいと思うので適当ですが、そこのところはお許しください。


最近のマウイさんは、疲れると大イビキをかいてすぐに寝てしまいます。歳と言えば歳なので仕方ないです。
昔と変わらない可愛い顔で寝ていますが、やっぱり顔の白さは否めません。





キィウィは、ご飯を食べて後はぐっすり寝てしまいます。
最近、朝も夕方も結構歩かせているので寝つきも良いと思います。
夜、寝ぼけてハウスに入るのも忘れてしまうほどです。

PH_15.jpg

そんなキィウィも4歳になりました。
早いものですが、マウイの子供として生まれてきたキィウィの姿が思い出されます。
今年はマウイママの妊娠もあったのでお祝いが出来ませんでしたが、クリスマスか年越しにはいっぱいお祝いしてあげようと思います。

来年はマウイとキィウィもおねえちゃんになります。
子供を見てどんな顔をするのか楽しみです。

“ポークワパ?”

只今、穂高のパティスリーに来ております。

久しぶりにお茶でもしようとやってきました。

かみさんは、妊娠してからケーキを食べるのも作るのもやっていなかった(やる気が無かったみたいです)ので、本当に久しぶりです。

私はモンブランで、かみさんはバナナタルトを食べています。


maron1.jpg


banana.jpg


中信地区では、一番おいしいかもしれません。

皆さんもぜひどうぞ!!

“やってみると・・・・・・”

かみさんが妊娠してから、マウイとキィウィの散歩と、家の掃除+ゴミだしを担当しております。(笑)

やってみて分かったのですが、これが結構大変です。

最初の数日は、掃除が終わって朝飯を食べたら「グッタリ」疲れておりました。
最近は身体も慣れてきたのか「バテル」事もなくなってきましたが、主婦の皆さんは大変だな~~~~と実感しております。

どこかの統計で見たのですが、主婦の仕事を給与で換算すると、13万5000円~15万円くらいになると出ておりました。
私なんぞは、朝食を作る訳ではなく、洗濯をする訳ではないので、主婦の半分の仕事もやっておりません。それでこれだけ疲れているのですから、それぞれの家庭の奥様方には頭が下がります。

一度世の旦那さん方も、何か一つで良いですから毎日毎日(数日間でも)やってみると良いかもしれません。(まぁ、このブログを見ないことが懸命かもしれませんが・・・・・・・・・)

とにかく、良い経験をさせてもらっている毎日です。
プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。