スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“御柱祭り:下社秋宮”

ゴールデンウィークのど真ん中に仕事が入り、山梨まで行ってきました。
休み中の緊急出動は珍しくないのですが、やはりテンションが下がります。ブログも書く元気がありませんでした。
そこで元気をもらう為に本日休みを取り、最後の諏訪大社の建て御柱に行ってきました。
もう一つ、家の奥さんが珍しく「御柱が見たい」と言うので、よっしゃ行こう!!っとなりました。私と私の母親の熱の入った御柱の話に感化されたみたいです。


下の写真は、「秋宮一」の柱です。足場を入念に取り付けています。
その前では、御諏訪太鼓の奉納が行われています。

IMGP5043①

実は、秋宮一の建て御柱を見るために午前11時30分頃現地に着いたのですが、3日前の事(春宮一の事故)もあってか段取りと準備に時間がかかっていました。
結局、3時間近く待っていて秋宮一の建て御柱は断念しました。(腰が痛くなってきたためです。笑)


しかし、隣の「秋宮ニ」の建て御柱を見ることができました。
手前の赤いハッピを着ているのが「木遣り衆」です。


IMGP5082①


秋宮ニの柱が無事建ちあがり、「ほっと」一息の木遣り衆の安堵の顔を写しました。
とても良い表情で「一仕事終えた」と言う感じでした。


IMGP5118①


下の写真は「秋宮四」の木遣り衆の1人です。「御幣:オンベ」を高々と持ち上げて「木遣り歌」を歌います。これを合図にみんなで力を合わせて曳航するのです。
オンベが風になびく姿を撮りました。


IMGP5096①


予定では、秋宮一が建てられた後に、秋宮四の柱がその横を曳航する予定でした。しかし、これだと秋宮四の建て方が遅くなってしまうので、秋宮一が準備している横を秋宮四が曳航しました。今日のテレビでも言っていましたが、結構珍しい光景でした。
お陰で、私たちは曳航の迫力ある姿を目の前で見ることができました。


IMGP5097①


昨日の母の日に、コテコテの諏訪人のお袋と御柱の話で盛り上がりました。やはり、春宮一の事故の話になると意気消沈してしまいます。とても危険なお祭りであることは間違いなく、過去に何人もの方が亡くなられていますが、できるだけ無事に終わることを、今後の御柱には望みます。


それでも、このお祭りは脈々と受け継がれていきます、次の世代へと。

「奥山の大木 里に下りて 神となる」

次の7年が始まっています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。