スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ふっ と思ったこと”

20数年前ですが、私が大学生だった頃あまり勉強もしてなかった中で、唯一と言っていいくらい印象に残って

いる授業がありました。

「社会学」と言う学科です。

非常に抽象的な(と言うより漠然とした)学科でした。やることも社会に関する事全てと言ってもいい感じで、

かなり範囲が広い学科でした。その中で「街は生きている」と言う授業を受けたことがあります。

街は進化しており、計画的に造成していかなくては、街として機能しない・・・・・・・・・・簡単に書くとこ

んな感じです。計画的にと言う処が“ミソ”で、ここに様々な要因が関わってきます。

まぁ 小難しい事はさておいて、私が住んでいる松本市について今と昔を比べたいと思います。



私は小さい頃、松本市の隣町に住んでいました。小さいときですから、松本市がとても都会的で楽しい場所の

イメージがありました。その頃の松本市はとても元気で活気に溢れていた感じでした。

山岳都市として登山家が集う街、

喫茶店が多くあり、そこにクラッシクが流れている街、

映画館の多い街、

などなど・・・・・・とにかく夢のある街でした。



当然、現在の松本市は進化し、街は区画整理によって綺麗になり、ある意味機能的になったと思います。

しかし、夢のある街創りができたのか? は疑問です。

そして、松本市が一番失ってしまったものは何か? を考えます。

それは、私が個人的に考えるに「街のぬくもり」ではないかと思います。(抽象的な言い回しでごめんなさい)

建物が新しくなったり、通りが綺麗になったり、と言う物理的な事とは真逆に位置する部分でしょう。それを無

くしてしまったのかもしれません。

私が昔を懐かしんで言っているのかもしれませんが、現代人が今一番必要としている“癒し”としての「ぬく

もり」が、今の松本市からはあまり感じられないのです。



もし「ぬくもり」を感じる事ができる街ができたら、多分、多くの人がこの街を訪れるでしょう。有名女優が

CMで出てこなくても、リニアが通らなくても訪れる人はおのずと増えると思います。

「進化する街」として私が提案するとすれば、都会を見て都会を追いかけるよりも、田舎を見て田舎を突き詰め

た方が楽しい街になると思うのですが。


これはあくまでも、私の個人的意見です。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。