スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“山岳都市 松本”

先日のブログ “ふっ と思ったこと” を広げて書いていきたいと思います。

本日は、山岳都市です。

松本市は、北アルプスや上高地へ行くための要所であり、ここから大糸線に乗り換えて登山家は山へ向かい

ました。

30年近く前、登山家は新宿発の深夜急行(特急ではありません)に乗って松本駅に早朝到着するように 来ま

す。

そこからタクシーで登山口に行く人もあれば、大糸線の始発に乗って常念岳、白馬三山へ、向かう人もいまし

た。

私が若い頃もまだこの手の列車が走っていました。そして、乗り合わせたこともありました。


急行と言っても、車両は中央線や大糸線の各駅停車に使われていた4人かけのボックス席があるもので、

今では「荷物棚」と言うとパイプやアクリル板が使われていますが、昔は網(ネット)が使われていました。

だから「網棚」と呼ばれていました。登山家は、ザック(リュック)を逆に座席に置いて、網棚をハンモック代わり

に使い、そこに寝ている人もいました。

車内と言えば、タバコの煙と匂い、ビールや日本酒の匂い、それにおつまみのイカや柿の種の匂いが混ざり

あって、今では考えられない状況でした。(それに車内はイビキが凄かったです:笑)

確かに、健康には悪かったと今では思いますが、とても懐かしい思い出です。

山から戻ってきた登山家も悲惨でした。風呂に数日間入っていないために、山小屋から南京虫やダニなどをお

土産に持って帰ってきます。(山小屋の方の名誉のために書きますが、皆さん一生懸命掃除をされています

し、現在では虫は殆どいません)

松本市内でも結構有名な喫茶店でバイトしていた私も、登山家が頻繁に来たこの時期だけは結構虫に噛まれ

ていましたね。(本当に痒いんです)

まぁ、これもご愛嬌でしたが。なんだかんだ言って、そういう私も登山家になっていました。



実は、ここ20年くらいで登山客が徐々に減って、目に見えて少なくなった っと感じていました。しかし、昨年

から今年にかけて「ヤマガール」なる女性の登山客が増えてきました。そうです、アウトドアに女性らしいお洒

落なファッションを持ち込んで山に行く人が増えてきたのです。これは、本当にうれしい現象です。ブームと言

うのは、やはり女性が創るんでしょうか?



ここで、松本市に人が訪れてもらうようになる為、私の考えを書きます。

松本近辺に、3~5本のトレッキングコースを作ります。近隣の市とも協力して、起伏に富んで歩いていて楽し

いトレッキングコース(ショートコース~ロングコース)を作る。そのトレッキングコースの途中に温泉があれば

一番いいでしょう。特に美鈴湖付近は開発の余地があると思います。

そこに、中期~長期滞在できるための簡易宿泊施設があれば非常に良いと思います。例えばB&Bのような

宿泊施設です。(苦境にあえいでいる温泉旅館を改装してもいいでしょう)

簡易宿泊施設は、外国からの客を呼ぶためです。日本の宿泊施設は高いと言うイメージがあるでしょう。


山を登っていた登山家が高齢になってからも、自然と触れ合える場所を求めるとなると、トレッキングコースな

どのライトな登山が良いと思います。又、ヤマガールなども同様にライトなほうが喜ばれるでしょう。



この時代、松本市として或いは長野県としてやるべきことは沢山あるように思えます。その様に思えて仕方ありません。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。