スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“原発について・・・・・”

現場で命がけで国民のために働いてくれている「消防・ハイパーレスキュー・

自衛隊・警察・東京電力の社員・下請け業者・ほか」の皆様に心からお礼を申

し上げます。同様にご家族の皆様のご心痛をお察しいたします。

国民を守るために、危険な現場に何も言わずに向かって下さった皆さんを、国民

は皆誇りに思います。ご無事で戻られる事を心からお祈りいたします。





原子力発電所が稼動を始めた1970年代の背景を考えると、日本が原発に向かったのは

止むを得ないと思う部分はあります。第一次・第二次オイルショックを経験したエネ

ルギーを「持たざる国」が電気を確保するのに「原発」を選んだのは、ある意味当た

り前と言えます。

しかしながら現在は、太陽光なり風力なり発電をする方法があります。また、私が

先日“エネルギーについて”で書きましたが、藻で重油を作る研究に費用を付けて

実用化を早くするか、などを考えないといけないでしょう。

とにかく、今は放水による冷却がうまくいくこと、電源をつなげて冷却機能がもどる事

を願うばかりです。




それにしても、東電の役員や原子力保安院のひとごとのような態度は呆れてしまいます。

しっかりした情報も出していません。外国が緊急避難させている理由のひとつが、福島

第一原発3号機は「プルサーマル・MOX燃料」の原子炉のためです。ウラン型に比べ

て20倍以上毒性が強いからです。それが拡散したらどうなるかを明確に伝えていません。


因みにですが、2007年に耐震構造に問題があることを国会や福島県議会でも追求されてお

り、当時の福島県知事もこの原発については、危険性があるとの理由で稼動停止を主張し

ていました。この福島県知事が逮捕された佐藤栄作知事です。(この方については

私が以前書いた“いい加減”をお読みください)



せめて、正しい情報を国民に伝え、非難している方々に思いやりのある言葉をかけるなど

心のこもった対応をしてもらうことを望みます。そうじゃないと、現場で命がけで闘って

いる人たちがかわいそうでなりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。