スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“虫を食べましょう!?”

国連食糧農業機関(FAO)が、昆虫を食べることを推奨する報告書を発表

しました。

ニュースによると、牛肉と同じ量のたんぱく質が昆虫から取れ、牛一頭の

四分の一で育てる事が可能とか。なんでも、将来の食糧危機に備えるため

に、昆虫を食べることを推奨したみたいです。


と言うことは・・・・・はい、長野県民の出番になりますね~(笑)

私も小さい頃からいろいろな昆虫を食べさせられました。

イナゴは当たり前、ザザ虫(諏訪・伊那地方で食べられる川虫の一種です)、

蜂の子、蚕の幼虫(繭を取った後の虫です)まで、全て食べる事ができま

す。いやが応にも食卓に用意されるので、食べざるを得ません。

結構、鍛えられたと思います。(笑)

イナゴは、日本手ぬぐいで作った袋を作ってもらい、稲の間を歩き回って

取りました。

一番の思いでは、6歳くらいのとき、蜂の子を近所のガキどもと取りに行

きました。足長蜂の巣を叩き落して中の幼虫を取ろうとした時です、蜂に

逆襲されてしまい、胸を10箇所以上刺されました。さすがにその時は医者

が往診で来てくれ、注射を打たれた記憶があります。

アナフィラシキーショックが心配ですが、その後蜂には刺されていません。

当時は生の蜂の子を食べるために無茶をしていました。


まぁ、大抵こんな話をすると、長野県民は野蛮だとか、信じられな~いとか、

言われます。もっと酷いのは、同じ長野県民から「お前といっしょにしない

でくれ」と言われます。

でも、こんなニュースが配信されると、長野県民は時代の先端を行っている

なぁ~と自慢したくなります。

食糧危機の時代が来るかもしれません。皆さんも今から昆虫を食べる習慣を

つけたほうがよろしいかもしれませんよ。

あっ、ちなみに食糧危機が起こるであろう年代は2050年だそうです。

う~ん、それまで生きてないな。

以上

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。