スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ポルコ ロッソ”

今年に入って2回目のブログでございます。間があいてしまいました。

さてさて、突然ではありますがスタジオジブリの作品の中で皆さんは何が一番好きでしょうか?
やっぱり「となりのトトロ」かな? 「ラピュタ」かな? 「風の谷のナウシカ」でしょうか?

わたしの一番好きなのは「紅の豚」であります。そうです、豚が飛行艇を操る話です。内容的には小さな子供達の胸がときめくものは何もありません。強いて言えば宮崎監督が大人の為に作ったアニメと思っています。
この作品、結構賛否両論がはっきり分かれるのですが、とにかくわたしは好きです。

なぜ紅の豚が好きかと言うと、今の時代には殆ど聞かれなくなった「男のかっこよさ」や「男らしさ」がここには描かれているからです。「本当の自由」がこの作品にはあるからです。
そして、根底にあるものは間違いなく「反戦」です。主人公は目の前で仲間がたくさん死んでいった事で“戦争はなんて愚かしく虚しい行為か”と悟ります。そして「本当の自由」を手に入れようと、国も民族も背負わない飛行機乗りになる物語です。作品の中では悟ったことで人間から豚に変わってしまうと言う比喩的な違いを取り入れています。

この紅の豚を取り上げた理由は、この作品の設定が1929年「大恐慌」の後(1931年)の話であり、国民生活が破綻し混沌とした時代が背景にあるからです。
今の時代にとても似ています。
1929年の大恐慌を救ったのはルーズベルトの「ニューディール政策」と思われているかもしれませんが実は違います。この政策だけでは恐慌から脱出できなかったのです。その後に起きた世界大戦の特需が恐慌を救ったのです。

昨日、アメリカ第44代大統領にバラク オバマ氏が就任しました。この期に及んで戦争はしないでしょうが、せめても就任演説の中でイスラエルのガザ進攻を言及して欲しかったと思います。この点では歴代の大統領と同じで中東和平は期待はできないでしょう。

最後に、たかがアニメの世界ですが、世界恐慌の後の混沌とした時代にありながらも豊かに生きようとする人間性を見事に表現しているこの作品を、たくさんの人たちに見てもらいたいと思います。
そして、宮崎駿監督にはいつまでも作品を作り続けて欲しいと思います。

ポルコ ロッソのいつ聞いてもかっこいい台詞です
 
「飛ばねえ豚は唯の豚だ!!」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。