スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“原油高騰について”

・・・・・2008年7月28日投稿・・・・・

本日は、経済のお話です。
最近、ガソリンが高いとお嘆きの方も多いでしょう。そこで、簡単に原油価格の背景を説明しましょう。

“原油先物”と言う言葉を最近ニュースで良く聞きます。(又は“WTI原油先物”)
これは、ニューヨークのマーカンタイル取引所と言う所で取引されている原油の金融商品になります。ここで取引されている価格が世界的な原油価格の指標になっています。

“先物取引”については、結構複雑な説明になるので詳しくは省きます(将来の一定条件で受け渡しを約束する取引)。
この取引で決まった価格が原油価格に反映されます。

で、ここで取引されているのが何処の原油かと言うと(ビックリするかもしれませんが)、中東の産油国(イラクやイランやクウェートなど)の原油ではないのです。
「WTI」の「T」にあたる“テキサス”の原油が基準となって取引されているのです。理由は、「ガソリンが非常に多く取り出せる高品質な原油であるから」 と言うことですが、とても不可思議な話です。
ここの取引で高騰した原油価格で、中東の産油国に莫大な利益がもたらされる仕組みです。
今日の新聞でも「17兆円の所得流出」と言う見出しが出ていました。

まぁ、2週間前につけた最高値「150ドル」に比べれば、本日の取引価格「123ドル」なので、やっと下がってきたと言えるでしょう。
しかし、今後も様々な要因で上がることもあるかもしれないのです。(大方の経済学者の意見では下がると言われていますが)
1ヶ月後位には、5月程度のガソリン価格になるかもしれません(何もなければですが)

今後の事を考えると、ガソリンに頼らない自動車の早急な開発が待たれます。
又、政府の早急な対策も必要です(対策の“た”の字も、な~んにもでてきていませんが、いい加減にしろよな~)。

簡単すぎたかもしれませんが、原油価格の価格が決まる背景でした。
今後、エコについてもブログに載せていこうかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。