スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“僕は幸せ者。PART1”

・・・・・2008年8月14日投稿・・・・・

決算やら何やらで随分と間が開いてしまいました。
あまり更新してないと、又、“三日坊主”  と思われるので今日から書きますよ。

さて、本日は大学の頃の“御学友” !?のお話。前のブログでも書こう書こうと思っていたのだが、話の切り口が見つからなかった。

今から21年前、とある横浜の大学に通っていた私は、とーってもすごいアパートに住んでいた。
1K(水洗トイレ付き・風呂なし)・・・・・
こんな風に書くと結構よさそうな所に住んでたじゃん(何故か横浜弁)っと思われるかもしれないが、そんな甘いもんじゃない。
このアパート、かなりふる~い建物で、白蟻のお陰で片方に傾いていた。アルミサッシを閉めても下の方は壁にくっついているのに、上の方は5cmほどあいている状態。
網戸もついてはいたけどアルミサッシと同じ状態なので、蚊は入ってくる、羽蟻は入ってくる、ゴキブリは蠢いている、ってな感じ。
まだ僕は2階だったから良かったけど、1階に住んでたK君の部屋は歩くたびに床が揺れていた(床組みが腐っていたから)。

お互いバイクに乗っていたことから仲良くなったK君。
もう一人、K君の所にバイクで出入りしていたI君とも仲良くなった。
Kは静岡、Iは愛知(“君”をつけるとよそよそしいのでやめる)の出身。
二人とも気持ちの良い連中で、何はなくとも個性的で面白かった。

当時の僕の唯一の楽しみは、コーヒーだった。豆を焙煎し、美味しいコーヒーを淹れて飲むこと。KもIもこれを楽しみにしょっちゅう我が部屋にやってきた。チョイとした喫茶店だった。

当時の学生はみんな余裕があって大学に行っていた訳ではなかった。金もなかったし、生活費を稼ぐ為にアルバイトも結構やっていた。
だからみんなで助け合った。
Kはコンビニのバイトで賞味期限の切れた弁当を持って来てくれた。
しかし、賞味期限の切れ方が半端じゃない。1週間は当たり前、10日以上切れた菓子パンとかもよく持って来てくれた。
「おい、賞味期限より10日以上きれてるぞ、大丈夫か?」
と、ある日僕が聞いたところ、
「あ~ 大丈夫、大丈夫、冷蔵庫に入っていたから」
とのお答え、僕は
「・ ・ ・ ・ ・」
後でIに聞いたところ、
「あのね、Kは冷蔵庫を万能と思っているらしいよ。冷蔵庫に入っていさえすれば何日経っても腐らないと信じてるらしいよ」
確かに、食っても腹は壊さなかった。(胸焼けは酷かった記憶があるが)

Iはそんなに貧乏学生ではなかった。ところが、めんどくさがり屋で、僕は彼を「午後6時半の男」っと呼んでいた。
理由は簡単、お米が炊き上がる時間が大体午後6時半で、それを見計らってやって来る為である。
貧乏学生の僕は、ご飯をちゃんと作って暮らしていた。米さえあれば何とかなると思っていたからだ。そんな貧乏学生にたかりに来るから性質が悪い。
いつぞやだったか、
「ね~ね~、秋刀魚が食いたいよ」
と、Iが言いはじめた。
「だったら買って来いよ、その代わり大根おろしはないぞ、いいな。それから秋刀魚のハラワタは出さないぞ」
「え~、大根おろしないの~、え~、ハラワタは出してよ~」
っと、わがままの言い放題。
結局、全ての食材を買ってこさせて、秋刀魚のハラワタを出して焼いてあげた。

そんなこんなで3年間を過ごし、我々は卒業した。
引越しもレンタカーを借りてみんなで運んだ。
新しい生活への不安と、みんなばらばらになる寂しさを覚えている。

かなり長くなったのでPART1はこの辺で終わり。
ナゼ、「僕は幸せ者」なのか? 次のPART2で書きましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。