スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“僕は幸せも者。PART2 ”

・・・・・2008年8月27日投稿・・・・・・

卒業式の日・・・・・わが大学には「謝恩会(卒業後のパーティーみたいなもの)」などと言うコジャレた考えはない。何といっても「質実剛健」が校風なのだ。

しかし、卒業会場となる講堂の入り口で卒業生に渡される  ? には、いささかビックリした。
冷えてないビールを箱から一本ずつ、ビニール袋に入ったつまみ数種類、アンパン1個(?)、校歌と応援歌の入ったカセットテープ(卒業式に?)・・・・・・・先輩から聞いていたが本当だとは思わなかった。 
まるで、「ほ~ら、世の中そんなに甘いもんじゃないんだぞ、これからもっと大変な世界に出て行くんだぞ、これが最後の大学からの餞別だ」ってな感じだろう。

この餞別と卒業証書を抱えて、大学から最寄りの駅まで歩いて行く途中でKと落ち合った。Iはゼミの飲み会で会えなかった。
最後に駅近くのコジャレたカフェバー(初めて入った)で一杯飲み、横浜線で帰路についた。
Kは新幹線に乗るため、新横浜で降りた。特別何を話したわけではない「これから頑張ろうな、それから又会おうぜ」 とお互いの健闘?を祈り別れた。
これで学生生活は終わったんだと、実感した瞬間だった。

それから早20年以上経ったが、KとIとは毎年一年に一回会っている。
僕の知り合いにこの話(20年以上毎年会っている話)をすると、ビックリされる事が多い。独身の頃ならまだしも、結婚して尚且つ子供ができると普通疎遠になるらしい。
でも、自分達は結婚して奥さんができても、子供が生まれても毎年毎年会っている。

僕が感謝すべきは、3人の気さくな奥さんと3人の素直な子供達だ。
一年に一度、お父さん達の我ままな3日間に付き合ってくれる。そして、何度も聞かされる大学時代のバカな思い出話に付き合ってくれる。
本当にありがとうと言いたい。
(あっ、怒鳴り散らす様に歌う、音程の外れたカラオケにもみんな付き合ってくれるね) 
そして、素晴らしい友達のKとIに感謝している。毎年貴重な夏休みに遊びに来てくれて本当にありがとう。
いよいよ、「おっさん」の領域に入ってきたけど、いつまでもよろしく。

40歳を過ぎると、周りから信念を潰されたり、プライドを意図も簡単にポキっと折られる事も多い。
おじさんたちもできるだけ頑張っているけど、結構凹んでいるのだ。
こんな時、1年に一回会える3日間はとても大切だ。
ビタミンや栄養ドリンクで元気になるように、この3日間でとても元気になれるし、学生時代みたいに素直になれる。

今年も3日間を楽しむことができた。

「僕は幸せ者」・・・・・いかがだったでしょうか?
みなさんも、少し離れた友人に連絡してみてはどうですか?
元気をもらえるかもしれませんよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiwipapa

Author:kiwipapa
皆さん、ようこそいらっしゃいました。
ゴールデンレトリーバーのマウイ&キィウィの事、世の中の事、・・・・・など書いているパパブログです。
ネパール語で「ゆっくり・ゆっくり」と言う意味のビスターリ・ビスターリの通り、ゆっくりいきますね~

リンク
カテゴリ
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。